スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水島裕プロデュース VOL.4「笑う朗読」

20151005_40

2015/09/26(土)、09/27(日)に、
『水島裕プロデュース VOL.4「笑う朗読」』を観劇してきました。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

バースデースペシャルイベント「寿美菜子HappyHappyパーティー」

2015/09/17の寿美菜子さんの24歳の誕生日に開催された
バースデースペシャルイベント「寿美菜子HappyHappyパーティー」に参加させていただきました。

場所は、Zeppダイバーシティ東京。
自分は、初めて行く会場でした。

通常、オールスタンディングの会場ですが、
今回、バースデースペシャルイベントということで、
座席有りのイベントとなりました。

最初は、オールスタンディングの会場というのが先に立ってしまい、
オルスタのライブのような雰囲気をイメージしてしまっていたので、
座席有りと聞いて、ちょっとがっかりしたのですが、
終わってから考えてみると、寿さんの誕生日を祝う「イベント」であり、
内容としても、椅子に座って、参加するのにふさわしいイベントでしたので、
その判断は、正解だったと思います。

ただ、願わくば、最初から、ホールのような座席のある会場だったら、
こんな勘違いもなかったと思うので、ありがたかったなと思いました。
(完全に、自分が勝手に勘違いして、がっかりしたりして、
 最後には、満足していただけなので、主催者側は悪くありません)

事前に、寿さんのシングルとライブBDを予約した際にもらえる
参加券の番号順に入場で、その際に、前から順に、座席を指定されるということでしたが、
自分は、仕事を、なんとか定時で切り上げて、会場へという流れでしたので、後ろの方でした。
そもそも、番号自体が800番台で、期待してなかったので、問題ないです。
むしろ、入場する際に、席のチケットを渡されるので、知り合いと一緒に入ったことで、
知り合いと連番の席に座ることができて、とても楽しかったです。
また、久しぶりにお会いする知り合いとも出会えたりと、イベントの内容以外でも、楽しむことが出来ました。

イベントが始まると、パーティな雰囲気の装いの寿さんが登場して、「HAPPY HAPPY LIFE」を披露。
3rdライブツアー「Tick Tick Tick」と同様に、最後に、今回のイベントの内容に触れたオリジナルの歌詞で、歌ってくれました。

スタッフさんが務める天の声と共に、イベントを進行するシステム。

まずは、寿さんがパーソナリティを務める「ラフラフ」の初となる公開収録。
「24プロジェクト」がスタート。
毎月、寿さんと同い年の声優・役者などの方をゲストとしてお招きする、このコーナーですが。
今月は、もちろん、寿さん自身がゲスト。
(こっそり、同い年の声優さんということで、早見さんは以前出演されたので、
 悠木碧さんが、サプライズで登場したりするかもしれないと思っていましたが、
 そんなことは、まったくありませんでしたね。)

寿さんが、事前に募集していたリスナーからの24にちなんだメールだったり、
スタッフさんが準備した子供の頃に流行っていたおもちゃなどが登場して、
トークに華を咲かせました。
スタッフさんが準備したおもちゃは、セーラームーンのおもちゃだったり、ぶたみんとんだったりと、
正直、寿さんの世代と、ちょっとずれてるんじゃないかなと感じましたが、
案の定、寿さんには、ピンと来ていないような雰囲気もありましたね。
それも、寿さんらしさがあって、よかった気がします(笑)


お次は、客席の皆さんも参加してのクイズ大会。
事前に配られた1~4の紙を掲げる形式で4択クイズに挑戦するというもの。
クイズの内容としては、例えば、下記のようなものがありました。
  ・寿さんのブログが始まった日は?
  ・寿さんのシングル曲の中で頭文字に使われてる文字で多いアルファベットは?
  ・寿さんの誕生日の性格診断の結果は?
  ・寿さんの誕生日の9/17は、何の日?
  ・アルバム「Tick」のなかで、日本語から始まる曲の曲数は?
  
    などなど・・・

途中、人数が減ってきたタイミングで、次の問題で、全滅してしまったりして、
仕切りなおして全員復活したりもしましたが、最後は、寿さんとじゃんけんをして、
1人に絞り込まれました。
2回行われて、優勝者への商品は、下記の通り。
  ・1回目 : 「Tick Tick Tick」で使われたフラッグの別デザインの布の部分
  ・2回目 : 「HAPPY HAPPY LIFE」で使ったものと同じデザインのカズー
  ※どちらも、名前を伝えて、名前入りのサインを、その場で書いていました。

ちなみに、自分は、早々に間違ってしまっていました。。。


続いては、寿さんの歴史を振り返るということで、
過去の写真等を公開するコーナー。

赤ちゃん頃の写真だったり、
子供の頃の水着の写真や、七五三(?)のころの写真など、
貴重なショットが盛りだくさんでした。

中には、飼い猫のミントが寿家に来たときの写真として、
「ミントやってくる」
 → 「ミントいなくなる」
 → 「ミント返ってくる」
 → 「ミントしっぽを挟まれ入院する」
 → 「ミント退院する」
「ミントに顔を引っかかれる」
など、ミントいじりのネタなんかも挟んであったりして、
単なる想い出を振り替えるだけのコーナーじゃなかったのが良かったです。

他には、下記のようなものが。
  ・小学校の入学式の写真 ※雨(笑)

  ・学生時代の卒業文集のクラスの寄せ書き的なものに掛かれていた内容
     ・スパゲェティ(好きな物)
     ・大丈夫(好きな言葉らしい)
     ・高級マンション(オートロック付き)(将来住みたい家)
     ・家や車を買って、あまらないようにする(3億円あったら)

  ・初めて出演したCMの映像

  ・ドンキーコンガのCMの映像
     まさか、そんなCMに出演されていたとは、
     自分も、観ていたのかもしれないです。
     驚きました。

  ・おけいはんのCM
     寿さんが出演していたというCMとして有名ですが、初めて見ました。
     残っていた映像が、古く、見えにくかったですが、CMに出演ってすごいです。

  ・学生時代に作成した俳句
     「ビューティフル」という単語で締めるという、斬新な俳句に衝撃を受けました。
     気に入っていたらしく、その後も、「ビューティフル」を使い倒したとのことでした(笑)

  ・当時、大好きだったモーニング娘。の加護さんのポスターの前で取った写真
  
   からの~、モーニング娘。さんのポスターに、当時の寿さんを混ぜたコラージュ画像。
     これが、びっくりするくらい、溶け込んでいて、しばらく、どれが寿さんかわかりませんでした(笑)
     当時、モーニング娘。になりたかったという寿さんですが、
     モーニング娘。になってしまっていたら、今の寿さんはいないので、
     そうなっていなくて、良かったです。

  ・ミュージックレインに所属するきっかけとなるオーディションのエントリーシートの写真
     オーディションの場で、写真を撮って貼るシステムだったらしく、当時、お気に入りだった服らしいです。
   
   からの~、その写真へのテロップに「釣ったな」の文字がw
   寿さんに読んでもらうようにお願いし、寿さんが読む瞬間、どアップにw

そんなこんなで、想い出紹介でした。


続いては、「Tick Tick Tick」でご一緒したメンバーさん達からのお祝いメッセージ。
  ・平井さん
     誰からのお祝いメッセージかと思っていたら、まさかの平井さん登場。
     自分が24の時の話をしたりしつつ、お祝いメッセージを。
  
  ・籠島さん
     ぼけを交え、おもしろ、おかしく、お祝いのメッセージをw
  
  ・Caoriさん、YUAさん
     フラッグの練習について、YUAさんが必死になって連取したフラッグを
     一瞬で出来るようになってしまい、やはり、天才だと思ったとのこと。
  
  ・山内さん
     熱く語りすぎて、早送りされてしまいました。それでも、大分、長かったですw
     そして、最後には、カラオケで、black holeを熱唱!中にカットされ終了w
  
  ・山田さん
     自宅にて、ワンちゃんを抱えながらのお祝いメッセージ。
     寿さんは「かわい~かわい~」と言っていました。

そして、ここから、サプライズゲストが登場!ということで、現れたのは。。。
なんと、さきほど、お祝いメッセージを送ってくれた平井さんがギターを抱えつつ登場。
頭には、豊崎さんも誕生日の時に被っていた、浮かれたバースデーケーキの帽子w

ここでケーキが運ばれてきます。表面には、寿さんの顔がプリントされていました。
※詳細は、寿さんのブログ参照。

平井さんの演奏に乗せて、ハッピーバースデーでお祝い。

からの「全曲の譜面持ってきたから、1曲やろうか」ということで、
迷った結果、ミュージックスターを1コーラス歌って、平井さん撤収。


最後は、ミニライブということで、次の曲を歌って、幕となりました。
  小さな手紙 ※弾き語り
  black hole
  Another Wonderland
  Candy Color Pop
  タイムカプセル



寿さん、お誕生日、おめでとうございます。

どこまでも上を目指している姿勢と、
自分では到底届くことができない斜め上の発想力に、
いつも、驚かされております。

改めて、これからの1年が、寿さんにとって、実りのある、
素敵な日々になることを祈っております。



テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

寿美菜子 9thシングル「Candy Color Pop」リリース!!

20151005_00

2015/09/16に、寿美菜子さんの9枚目のシングルとなる「Candy Color Pop」がリリースとなりました。

「Candy Color Pop」は、寿さんがラジオなどでおっしゃっていたように、
「楽しい」という感情が溢れていて、Music Clipを抜きにしても、
メロディや歌詞から、元気いっぱいな感じが伝わってきて、
心が鮮やかになっていくような感じがしました。

Music Clipは、全体的に、鮮やかな色合いの、これでもかというくらい、元気いっぱいの雰囲気で、
観ていて、とても元気をもらえる内容になってるなというのが、第一印象です。
これからも、何回も見て、楽しませていただきたいと思います。
そして、今回、ダンサーのCaoriさん、YUAさんを迎え、
とても意外なのですが、寿さん初となるダンスシーンが収録されたMusic Clipに仕上がっております。
ぜひ、ダンスを覚えて、一緒に踊りたいという気持ちになりましたが、
自分には、レベルが高すぎて、ついていけなそうです(笑)


そして、カップリングの「タイムカプセル」は、とても、しっとりとしたバラードで、
ノスタルジックな雰囲気と、切なさを感じる、メロディと歌詞に、心が震えました。
寿さんが、インタビューなどで、同窓会をイメージしてということをおっしゃっていましたが、
同時に、「もう会えなくなってしまった友人」という言葉をだしていました。
その「もう会えなくなってしまった」というのが、「連絡先もわからなくなってしまった」という意味なのか、
それとも、それ以上の意味があるのかまでは、わかりませんが、
自分の中で、いろいろな物語を想像させられて、この曲のイメージが、どんどん膨らんでいくのを感じました。
なんだか、単純に、懐かしいという感情だけでなく、
過去の自分の行動に対しての後悔への想いと、その後悔を思い出として昇華していくような、
とても切ない雰囲気を感じました。
個人的に、とても大好きな曲になりました。



今回の「Candy Color Pop」と「タイムカプセル」は、
元気いっぱいの曲も、しっとり切ない曲も、両方、ばっちり歌えてしまう寿さんの魅力を、
改めて、感じさせてくれる、素敵な1枚になっていると感じました。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

「寿美菜子 3rd Live Tour 2015 “Tick Tick Tick”ライブBlu-ray/DVD発売記念上映会」 1部、2部

2015/09/13(日)に開催された
「寿美菜子 3rd Live Tour 2015 “Tick Tick Tick”ライブBlu-ray/DVD発売記念上映会」の
1部、2部の両方に参加しました。

リリースを目前に控えたライブBDの上映会ということで、
舞台挨拶抜きにしても、ちょっと楽しみにしていました。

1部と2部で、どっちの時に、お話してくれたか、覚えていないので、
どちらかで、お話されていた内容で、覚えているものを。

・前日の「こむちゃ」に出演した時、井口さんに褒めてもらった。

・日曜の豊洲ということで、デートをイメージした格好で来ようとしたら、
 ディナーに来たみたいな格好になってしまった。

・「Like a super woman」の時の、指さしのとこで、キーボードの籠島さんが、
 ばっちり、カメラ目線で、指さししてて、面白かった。

・ファイナル前の名古屋の公演で、バンドメンバーに、GWの予定を聞いていたが、
 ファイナルでは、ベースの山田さんにだけ聞いて、あとは省略するという、
 かなり雑な対応をしていて、反省したw
 当時は「ま、いっか」ぐらいの感じで、ちゃんとできていたと思っていたが、
 映像をみて、その雑さに、驚いた。

・1部と2部の舞台挨拶の間に、アイスとうどんを食べた。

・ツアーのファイナルの当日の行動内容など。
 マッサージさんを手配して、メンバーの体のメンテナンスに利用してもらった。
 その中で、マニピュレーターの菅原拓さんも、利用していたw
 ※舞台挨拶の際、裏口側の出入り口付近に、スタッフさんが並んでいて、
  その中に、菅原拓さんもいました。
  その話題になった瞬間、スタッフさん達が、こっそり盛り上がっていましたw

・イヤモニから、演出家さん?の声が聞こえるようになっているが、
 「Shiny+」のフラッグの投げを無事、キャッチできた後、
 「よくできました!」と声を掛けられて、ニヤけてしまいそうになったとのこと。

・この日の2部のイベントが、寿さん23歳のラストのイベントになった。

・新曲の「CANDY COLOR POP」にも出演のダンサー2人、YUAさんとKAORIさんについて、
 ダンサーがアップで映るシーンもあり、普段、前面に出てくることが少ないので、
 緊張したと言っていたとのこと。

・今回、映像の編集などの作業にも関わらせてもらったとのことで、
 たくさんのカメラが撮影した映像を、たくさんのモニタで同時に流しながら、
 どの部分を使うかを決めていく作業をしていたそうです。(スタッフさんが)

・出来上がりのチェック等をするとき、MCの場面では、照れくさいし、何かあっても直せないので、
 2倍速ぐらいの感じで、ちゃちゃっと確認して、飛ばしてしまうとのことでした。


今回の上映会の舞台挨拶では、当然ながら、寿さんが1人で喋るわけだったのですが、
なにか、すごくたくさんのことを、ばーっと、まさに、マシンガントークという感じで、
喋ってくれていたのが、印象的でした。


映像を見ていて、こっそり、思ったのは、サイリウム、ブレード系を振ってる人が多いなということ。
もちろん、映像化されたファイナル公演は、ホール会場ですし、
振る・振らないは、参加された1人1人の自由なので、何も言うつもりはありませんが、
今回のツアーは、全4公演中、オールスタンディングの会場が2公演あったり、
いわゆる、ライブ色の強いツアーだったと思っています。
個人的には、このツアーでは、光り物は、まったく使いませんでした。

上映会後、知り合いと、打ち上げに行ったのですが、その中で、
「2部の時、美菜ちゃん、靴下の高さズレてたよね」
という話題、地味に盛り上がったのは、面白かったです。
その時は、きっと、1部の舞台挨拶が終わって、2部の舞台挨拶があるまでの間に、
寝転がったりして、ずれてしまったんだろうという結論に落ち着きましたw


ライブBDの本編を、大スクリーンで観ることができたのは、とても楽しめました。
あとは、リリースされてから、メイキングの映像を観るのを楽しみにしたいと思います。



テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

「戸松遥のココロ☆ハルカス、寿美菜子のラフラフ 公開イベント2015」昼の部・夜の部

20150713_03

2015/06/28(日)、「戸松遥のココロ☆ハルカス、寿美菜子のラフラフ 公開イベント2015」の
昼の部と夜の部に参加させていただきました。

このイベントは、昨年にも開催された
戸松さんがパーソナリティを務める「戸松遥のココロ☆ハルカス」(以下、ココハル)

寿さんがパーソナリティを務める「寿美菜子のラフラフ」(以下、ラフラフ)
のイベント。

昨年は、それぞれ、単独のイベントで、メインのコーナーに、
お互いがゲストで登場するという形式でしたが、
今年は、最初から「合同イベント」の形をとっていて、
最初から、最後まで、2人で進めるイベントという形式でした。

※昼の部が「ココハル」のイベントで、
 夜の部が「ラフラフ」のイベントとなっており、
 それぞれ、自分の番組のパーソナリティが、メインでの進行を務める形。

場所は、前回のイベントと同じく、ニッショーホール。

今回の席は、以下のような感じ。

20150713_04

「ココハル」の方は、まさかのW列。
最近、何気に、最後列のチケットを引くことが多い気がします。
しかも、自分の席は、1つ後ろの列の足元に、機材が置いてあったりして、まさかの最後列でした。

ですが、「ラフラフ」では、まさかのD列。つまり、4列目です。
これは、いいところを引きました。

なんとなく、「ココハル」「ラフラフ」でチャラって感じですかね。



■展示物

入場後、会場内のロビーに、昨年同様、両番組の展示物が展示されていました。

ココハルは、直前の放送で作成していた「ウェルカムボード」。
番組内で戸松さんが、かなり四苦八苦されていたので、
どのような出来具合なのか、楽しみにしていました。
メッセージは、「今日は、お越しくださり、ありがとうございます。」だったと思います。(うろ覚え
「お越し」の「越し」の部分が、左に寄り過ぎていて「お」の部分を、あとから、無理やり付け足したような
雰囲気がうかがわれる、戸松さんらしい、ウェルカムボードでした。

ラフラフは、番組内のコーナーで、募集している「コトブック」。
正直、番組内で紹介しているだけで、実際のノートになっているとは、
思っていなかったので、ちょっと、ビックリしました。
そして、番組内で、製作(?)が進んでいる「ラフラフリゾートカフェ」が展示されていました。


■ココハル

学校のようなセット。
後ろには、上手側と下手側にロッカーが配置されていました。

戸松さん、寿さんが、なんと、女子高生姿で登場。
これには、会場のテンションも上がります。

昔、制服を交換して、写メを取り合ったりしたこともあったそうです。
是非、公開してほしい。。。

まずは、自然とフリートークに。
ロッカーには、各自が、それぞれ落書きをしたということでした。
戸松さんは、人の絵を2つのロッカーに、そして、4つのロッカーを使って「命573」と、
「なんで、右から書いたの?」とか「573じゃ、別の会社になっちゃうよ」とか、
寿さんから、ツッコミを受けていましたw


最初のコーナー(1限目)は、国語ということで、
最近、番組内でやっているボールペン講座にちなみ、
美文字診断ということで、戸松さん、寿さんが書いた文字から、
性格診断を行うというもの。

これが、見事に、お二人の性格を言い当てるものだから、会場も盛り上がりましたね。
実は、二人のことを知っている人が、診断結果を書いているのではないかと思うくらい、
ぴったりの診断結果で、文字から、そんなことまでわかってしまうのかとビックリしました。

どちらが、美文字だったかは、客席からの拍手の量で判断。
戸松さんが、客席に媚びようと、あごの当たりに、両手を持ってきて、カワイイポーズをしようとしたら、
装着しているヘッドセットのマイクに、思いっ切り手が当たり、「ガサガサガサ!!」となってしまい、
突っ伏す戸松さんw
なんとも、まぁ、戸松さんらしくて、いいなと思いましたw


次のコーナーは、学活(だった気がする)。

事前に会場に入る時に渡されたアンケートをもとにしたトークコーナー。
アンケートのお題は「好きな給食のメニュー」。
アンケートに掛かれたメニューは、二人の時は、メニューに出てこなかったらしく、
「ちなみに、おいくつですか?」と記入した方に、質問し始めたりしてました。

そして、この後、一度、ステージ袖に捌けていき、ステージでは、ファンディスクの特典だった
映像の一部と、未公開映像を上映。
ココハルでは、大洗水族館に行った時に、戸松さんが撮影していたカメラの映像を一部公開していました。

その後、二人は、揚げパンと牛乳を持って登場。


続いてのコーナーは、科学。

資格取得に向けて動いている薬膳コーディネーターにちなんで、
薬膳に関連するクイズを、「五味」「五性」に掛けて出題。
ちなみに、
 「五味」 : 「酸(さん)」「苦(く)」「甘(かん)」「辛(しん)」「鹹(かん) ※しょっぱい」
 「五性」 : 「熱」「温」「寒」「涼」「平」

中には、薬膳が、まったく関係ないお題もありました。
例えば、「熱」だったら、「相手がアツアツになるような告白を」みたいな。
見事に戸松さんが引き、照れ屋だから、酒が入らないとそんなことは言えないということで、
酔っぱらってる体で、告白セリフを。
これは、テンションが上がりましたね。


続いては、家庭科。

「衣食住」にちなみ、それぞれに関するクイズを。

「衣」は、ファッションチェックという感じで、ある写真をみて、
モデルさんが来ているファッションに関するキーワードを答えるもの。
これは、戸松さんが「ハルカモード」というファッションに関する企画をやっていることもあり、自信満々。
だが、しかし、始まってみると、まったく、答えられない。
むしろ、寿さんの方が、詳しい。
まぁ、寿さんは、日ごろから、そっち方面に興味がある話題がでたりしているので、
この結果は、予想できていましたw

「食」は、お弁当ということで「疲れたお父さんへのお弁当」というお題で、
イラストを描いて対決。
寿さんは、なぜか、焼きそばを。
戸松さんは、「ありがとう」と海苔で書かれた、お弁当。
戸松さんの勝利。
「疲れてるなら、ビールも」という、「お昼に仕事をしているお父さんへ」という肝心の部分が抜け落ちた一言も、
実に「らしいなぁ」という感じでした。

「住」は、「寝ているお兄ちゃんを起こす妹」というお題で、エチュード(即興劇)。
実の兄がいる寿さんですが、むしろ、お兄さんの方が起きるのが早かったらしく、
逆に起こされていたとのこと。
二人が、それぞれ、自由に妹を演じているので、ハチャメチャな展開でした。
寿さんは、朝食で釣って、起こそうとし、
戸松さんは、枕で叩いて、起こそうとする。
結果は、寿さんの勝利。


最後は、数学というなのプレゼントコーナー。
なぜ、プレゼントが数学なのかというと、
プレゼントが当選する「確率」というところから、
あてはめるなら「数学」だろうという流れらしいです。(苦しい
3名に、サイン入りのTシャツが当選しました。
当然、自分は、当たらず。

そんなこんなで、ココハルのイベント終了。
二人が楽しそうにキャッキャしてるのは、見ていて楽しかったですね。



■ラフラフ

ラフラフの番組内で、製作が進行している「ラフラフカフェ」まで、
寿さんの運転で向かうというもの。

衣装について、寿さんは、石田純一さんをイメージしたトレンディードラマ風な感じでした。
戸松さんも、一昔前のリゾートに向かうレディという雰囲気。

途中のトークで明かされていましたが、この日、寿さんが付けていたイヤリングは、
先日、戸松さんが出演されていた「ヘロヘロQカムパニー」の「怪盗不思議紳士twice」の時に、
寿さんが、戸松さんにプレゼントしたピアスとお揃いだったそうです。
「このイベントの時に、一緒につけようね」ということを話していたらしい。
だが、戸松さんが耳に着けているのは、ジャラッとした、ちょっとゴージャスなイヤリング。
すっかり忘れていた戸松さんでしたw

寿さんも、前日に、戸松さんに改めて連絡しようか迷ったそうですが、戸松さんを信じた。
その結果が、これでした。
寿さん曰く「忘れても、忘れなくても、この話題は出すつもりだったw」とのこと。
さすが、寿さん、戸松さんのことをわかってらっしゃる。

そして、イベントの内容は、ステージ中央には、車のフロント部分のセットが、
そして、上手には、タイマー。
ドライブデートで、「ラフラフリゾートカフェ」に向かうというもの。
ただし、カフェは、19:30に閉まってしまう。
戸松さんから「ラストオーダーは、いつなのよ!」という、的を得てるのか、ずれてるのか、
よくわからないツッコミが入ったりしていました。

ドライブスタートで、スクリーンには、実際の車内からドライブ風景を映し出した映像が映し出されます。
そして、映った瞬間、「雨、降ってる」。
これには、雨女の二人も苦笑いでしたw

最初のサービスエリアに到着し、最初のコーナーがスタート。
番組内で作成しているコトブックにちなみ、
ある人物・番組に関する5つの名言が登場。
その中に1つだけ紛れ込んでいる関係ない名言を選ばないように、
そこから、交互に1つずつ選んでいくというもの。

最初は、イチローさんの名言から。
戸松さんが、1つ選ぶ。アウト!
戸松さん、一発目でハズレを引いてしまうw

こんなこともあろうかと、次の問題へ。
今度は、「ドラえもん」の名言。
今回は、順調に正解を選んでいきます。
寿さんが「ドラえもん」「のび太くん」のマネをしながら、
戸松さんが「ジャイアン」のマネをしながら、名言を復唱していきます。
戸松さんのジャイアンのマネが、芳しくなく。
「この間まで、一緒に舞台に立ってたのになぁ」と。

そして、残り2つとなった段階で、戸松さんの番に。
確率は2分の1。
そして、戸松さんが選んだ答えは、、、アウト!!

まさかの、2回連続で、戸松さんがアウトにw
ここまでくると、逆に、「持ってるな」と思いました。


そして、一度、お二人が舞台袖へ捌け、
ココハルと同様に、特典映像が流れます。
これは、ちょっと、内容が書けないのですが、
未公開映像部分は、すごかった。スゴく面白かったです。
めちゃくちゃ笑わせていただきました。


寿さん、戸松さんが、再登場。

続いては、カフェの場所を当てるコーナー。
ヒントは、戸松さんと寿さんのイラスト。
会場中が「えっ」と思ったに違いない。

案の定、自分には、イラストに何が書いてあるのかわかりませんでした。

1.寿さん「そば飯」
2.戸松さん「ルミナリエ」
3.合作「神戸牛」
だったらしいです。

というわけで、「ラフラフリゾートカフェ」の場所は、神戸でした!

そんなこんなで、「ラフラフリゾートカフェ」に、無事(?)、到着しました。

時間も、確か、19:00前後だったかと思いますので、間に合いましたね。
ステージ下手に準備された、テラスカフェにあるような、丸テーブルに着席。

自分は、席が、ステージ下手側だったので、近くに来てくれて、嬉しかったです。
(上手側の席の方は、見えにくかったかもしれないですが。。。)

席に着くと、ラファエロールケーキが運ばれてきました。
これが、驚くほどの完成度。
寿さんもテンションがあがって、「写真撮りたい!写真撮りたい!」と言って、
マネージャーのちゃんきづの私用のiPhoneを借りて撮影会を実施。
ケーキを撮影したり、ケーキを持ったお互いを撮影したり、
ツーショットを自撮りしたりと、楽しそうでした。

その後、ケーキのお皿を持って、ステージ上を上手側から練り歩いてくれたりしました。

そして、ついに、フォークを入れるときが。

客席からの声もあり、お互いに、「あ~ん」と食べさせあったりしてました。
「ファーストバイト」とか言っちゃったりして♪

その後は、アンケートをもとにしたフリートーク。

どうやら、寿さんの家のテーブルと似ているようで、
すっかり、寿さん家で、くつろいでる時と同じモードになっていたようです。
それぐらい、まったりと、自由にトークしてました。

個人的には、こういうフリーなノリが好きなので、とても嬉しかったです。


そして、最後の挨拶にて。
寿さん「この模様は、少しだけ、ラフラフで流れます♪」
客席「おぉー!!(あれ?ココハルでは、そんなこと言ってなかったような。ラフラフだけ?)」
戸松さん「!!!!」

大げさに動きだし、動揺する戸松さん。

戸松さん「ココハルも流れます。言い忘れてた!w」

なんとも戸松さんらしいw


そんなこんなで、ステージは幕を閉じました。
が、まだ、イベントは、終わっていませんでした。

ラフラフで、最初にある、留守電のコーナーがありました。

そして、今度こそ、イベント終了です。


■その他

ステージ上には、後ろに、スクリーンが設置されていて、
コーナーのタイトルや設問を映したり、
戸松さん、寿さんの姿を映したりしていたのですが、
明るさが足りないというか、ステージ上が明るすぎるというか、
スクリーンの映像が、あまりよく見えませんでした。

ラフラフの時は、自分が、前の方にいたので、問題なかったのですが、
ココハルの時は、最後列から見ていたこともあって、
うっすら見える程度で、ちょっと、厳しかったです。
自分は、そんなに目が悪い訳ではないのですが、正直、肉眼では、文字を読むのは苦労しました。
スクリーンに映し出された画像を見て、回答するようなお題があった時には、
何の画像なのか(そこが問題ではない)すら、わかりにくかったですね。

面白いイベントだったので、そういった部分が目に付いてしまって、残念でした。


イベントしては、昨年に引き続き、2回目のイベントでしたが、
戸松さん、寿さんのコンビは、とても面白いです。
イベントの中で、お二人もおっしゃっていましたが、
スフィアの4人でいる時とは、ちょっと違った雰囲気で、
よりフリーダムな感じがしました。

おそらく、また1年後に、3回目のイベントが開催されると思われますので、
楽しみに、待ちたいと思います。



テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。