スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊崎愛生 12thシングル「ポートレイト」リリース!!

2014/11/12に、豊崎愛生さんの12枚目のシングル「ポートレイト」がリリースとなりました。

「ポートレイト」は、とても、優しい曲だと感じました。
過去の自分を励ますような、語りかけるような歌詞とメロディに、心が温かくなりました。
「ポートレイト」が、戸松さんの「ドーナツ」と同じ方が制作されてるという事を知り、
妙に納得してしまいました。
Music Clipは、セピア風な雰囲気が、曲の雰囲気と合っていて、とても素敵でした。
豊崎さんが、おっしゃっていたように、後半に進むにつれて、微笑んでいる表情が増えていって、
とても優しい気持ちになれるMusci Clipに仕上がっていると感じました。
ジャケットなどの写真は、写真と線が融合していて、見た瞬間、独特の雰囲気に魅了され、
しばらく、目が離せませんでした。
「シャムロック」は、メロディのリズムが、懐かしいような、とても心地よかったです。
もし、ライブなどで歌っていただけたときは、途中の「へい!」を一緒に言いたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

高垣彩陽「愛の陽」リリースイベント トーク&ミニライブ第2部

2014/11/07に開催された高垣彩陽さんの「愛の陽」のリリースイベント
トーク&ミニライブの第二部に参加してきました。

開催されたのは、平日でしたが、なんとか参加できてよかったです。

最初に高垣さんを呼び込む際の掛け声は、「託ち屋さん」で呼ばせていただき、
高垣さんも、登場すると「ぴゃっ!」とポーズをとってくれて、嬉しかったです。

第2部の方では、アニメイトさん、ゲーマーズさんの協力ということで、
高垣さん自身が、特別なことをやりたいと考えてくださり、
MusicClipのメイキングや、彩陽さんの解説付きでのMusicClip上映があったりと
ここでしか見ることができない内容を観ることができて、とても嬉しかったです。

場所を移動するために、軽トラックの助手席に乗って、
楽しそうにしている高垣さんの姿は、とても可愛かったです(笑)

MusicClipの中で、高垣さんが、馬を引いてあるくシーンについて、
馬を引くには、結構、力が必要だったり、
今回、撮影に協力してくれた馬のランボー君は、
撮影時に空腹だったのか、脇道にある草を食べに行ってしまったりして、
大変だったということを聞いて、
映像の彩陽さんの表情が硬いように見えたのは、
お馬さんを思うように引くために、かなり力を入れながら歩いていたからだったのかと
納得することができました。
また、道端には、野うさぎの落し物も転がっていて、それを避けながら歩いたという
エピソードを聞いて、MusicClipのイメージがちょっと面白くなってしまいました(笑)

今回、「愛の陽」のメイキング映像を見させていただき、
実際の撮影の雰囲気などを、少し感じることができました。
メイキング映像は、アルバムや、ライブBDなどに収録されていて
個人的に、毎回、とても楽しみにしている内容の1つなので、
もし、可能であれば、今後は、シングルでも、
MusicClipのDVDにも、一緒に収録していただけるととても嬉しいなと、改めて、感じました
贅沢を言えば、MusicClipの副音声に、彩陽さんのオーディオコメンタリーが
収録されていたりしたら、最高です。


また、フリートークの内容では、愛の陽などの楽曲についての話だけでなく、
高垣さんが9月に出演されたKAKOCHI-YAの女性陣と、夢の国に遊びに行った話や、
最近、お酒をたしなむことができる大人の女性になるべく、
一人でお店に行って、梅酒のソーダ割りなどを飲んで、練習していることなどの
話しを聴かせていただき、高垣さんの近況を教えてもらえて、楽しかったです。

私も、リリースイベント終了後、同じくリリースイベントに参加していた友人たちと
花金を満喫してきました。
その際には、梅酒のソーダ割りをいただきました。

その他、KAKOCHI-YAの女性陣で、スケジュールを合わせて、夢の国に行ったとのこと。
しかも、朝7:40集合ということで、気合の入り方に笑ってしまいました。
しかし、高垣さんは途中で予定があり、抜けてしまったということで、
残念だったなぁと思います。ぜひ、今度は、気兼ねなく楽しめる機会があるといいなぁと思います。

KAKOCHI-YAが9月から敬子だったため、愛の陽の収録は、8月中にすべて終わらせたということを聞き、
改めて、あの時期は、ハードスケジュールだったんだなと感じました。

その時、ロケは「たからもの」以来と言っていた気がしましたが、
「Next Destination」もロケだったと思うので、
「(遠出をしての)ロケが」という意味だったのでしょうか?


何にせよ、高垣さん初のノンタイアップシングルに対しての想いなどが、
いろいろ聴けて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
「Next Destination」もロケだったと思う。
「(遠出をしての)ロケが」という意味だったのでしょうか?

今回、私は、第2部のみの参加だったため「3 leaf clover」が聴けなかったのが、、
ちょっと残念でしたが、いつか開催されるであろう、高垣さんの3rdコンサートツアーなどで、
聴かせていただける日が来ることを楽しみに待ちたいと思います。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

SUPER SOUND THEATRE「Valkyrie ~Story from RHINE GOLD~」

2014/11/01(土)・02(日)の
SUPER SOUND THEATRE「Valkyrie ~Story from RHINE GOLD~」を
全4公演とも観劇させていただきました。

続きを読む »

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

映画「メアリーと秘密の王国」を観てきました!

20114/10/18に映画「メアリーと秘密の王国」を観させていただきました。

この日が公開日でした。
そして、翌日は、スフィアの徳島公演の日。
私は、不参加でしたので、せっかくだし、公開日に観に行こうということで、
観に行っていきました。

結論から言うと、とても、面白かったです。

きっかけとしては、高垣さんが吹き替えで出演されるということがきっかけでしたが、
始まってすぐに、映像の美しさや、魅力的なキャラクターに引き込まれていました。

この作品に出会わせてくれた、高垣さんに感謝です。
ありがとうございます。

私は、あまり、海外の映画はみないので、楽しめるかなと不安な部分もありましたが、
物語としても、単なるファンタジー物ではない、しっかりとした展開になっていて、
単純に、この物語の内容だけでなく、この作品を通して、何を伝えたいのかという部分を、
受け取りやすい内容になっていたと思います。

吹き替えとしては、高垣さんと小野大輔さんのコンビも最高でした。
他にも、素敵な方々ばかりで、キャラクターと声に、まったく違和感がなかったのも、
物語に集中することができた理由の1つかと思います。
改めて、声優の方の、凄さ、素晴らしさを感じました。

こうやって、高垣さんが映画の吹き替え、しかも、主役で出演されるというのは、とても嬉しいです。

本当は、映画館で観ていただくのが、一番いいのですが、
上映館も多くなく、期間も短かったので、難しかった方も多いと思います。
BDも発売されるということなので、もし、観ることができなかった方には、
ぜひ、そこで観ていただければと思います。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

「Sphere's eternal live tour 2014」大阪公演2days

2014/10/11(土)、12(日)に、「Sphere's eternal live tour 2014」の
大阪公演2daysに両日とも参加させていただきました。

続きを読む »

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

高垣彩陽 8thシングル「愛の陽」リリース!!

2014/10/08に、高垣彩陽さんの8枚目のシングル「愛の陽」がリリースとなりました。
今回のシングルは、高垣さんにとって、初のノンタイアップのシングルとなります。
タイアップがついていないということは、その分、人の目に触れる機会が減るので、
マイナスの要素が大きいと思います。
しかし、タイアップがついていないということは、その分、高垣さんの歌いたい歌が
歌えるということになります。
実際、高垣さん自身も「これまで蓄積してきたもの」とか
「『高垣は何がやりたい?』と言ってもらえた」というように
ノンタイアップの利点を十二分に生かしていることをおっしゃっていました。

■愛の陽
初めて耳にしたのは「あしたも晴レルヤ」でオンエアーされた時で、
その時は、1コーラスだけでしたが、壮大な雰囲気の曲だと感じました。
その後、スフィアの「Sphere's eternal live tour 2014」の
宇都宮公演で、生で初披露でも聴くことができたときは、
めまぐるしい展開に、とても驚き、それと同時に、
高垣さんが「晴レルヤ」で「はやくフルコーラスで聴いてほしい」
とおっしゃっていた意味が少しわかりました。
そして、今回、CDで、改めて、聴くことができました。

歌詞カードを見ながら聴く「愛の陽」は、ひと味も、ふた味も違って感じました。
タイトルと同様に、とてもストレートに愛を唄っていて、心に響きました。
その中で「変わるものと変わらないもの」というフレーズが、とても強く心に残りました。
良い部分は変わらずに、それでも進化する部分は変化していく、
「前に進むんだ」という気持ちが込められているのかなと感じました。

「music clip」について
深い森の中で、1人、深い森の中でレーザーの光をまといながら歌う
高垣さんの姿は、幻想的な、神秘的な、不思議な感じがしました。
一転して遮るもののない一面の草原で歌う姿は、元気な感じというか、
開放感に満ち溢れていているように感じました。
最初のサビの中で映る草原のシーンの笑顔がとても印象的です。

森の中で歌うシーンでは、目の下に、涙にも見えるようなメイクがされていて、
森の中と、草原では、表情が全然違っていているように見えて、
苦しみと喜びみたいなものが表現されているのかなと思いました。

また、全体的に、特別な振り付けなどもなく、
自由に体を動かして表現されているのは、
彩陽さんの、歌に込めた想いが、より強く伝わってくるように感じました。

ラストのカデンツァの時に、一瞬、森がセピア風な色合いになり、
そこから、濃い緑が映るシーンは、映画のワンシーンのようで、とてもカッコよかったです。

そして、今回は、お馬さんとの共演も印象的でした。
演出なのかもしれませんが、馬と一緒に歩いている高垣さんの表情が
少し硬い気がしましたが、緊張されていたのかなと感じました。

「ジャケット写真」について
カラフルな花に囲まれているのに、高垣さんのアンニュイな表情によって、
単に綺麗だという感じではなく、不思議な感じがしました。
また、アイメイクのせいか、目の雰囲気が、全然違っていて、新鮮な感じがしました。
初回限定生産盤の最後のページにある、花に囲まれて、
こちらを見つめる高垣さんの表情に、ドキッとしてしまいました。

「店舗特典」について
どの店舗さんの写真も素敵なのですが、
僕は、アニメイトさんのピンクを基調とした衣装で、
素敵な笑顔を見せてくれている写真が、一番のお気に入りです。


■3 leaf clover
イントロから軽やかな感じでスタートして、メロディが心地よい、とても好みな曲です。
歌詞がとても素敵だと思いました。
近すぎてあたりまえだと思っているものは、とてもたくさんあって、
それは、失って初めて気づくことも多いと思います。

歌詞を読みながら、物語を思い浮かべていると切なくて、涙が溢れてきてしまいます。
恋人の二人が、お互いのことをあたりまえのように感じてきていて、
ささいなことで喧嘩してしまって、それから距離が離れて、別れてしまって、
その後、河川敷などを歩いているときに、ふと足元のクローバーが目に入り、
大切なモノは、ずっと近くにあったんだと気づくという展開が浮かびました。

そんな妄想をしながら、歌詞カードを見て、曲を聴いていると
「君さえいるなら幸運(キセキ)は要らないのに」というフレーズは、
とても、切なくて、心が締め付けられるようでした。

でも、最後には、あたりまえのものが、ずっとあたりまえではないという大切なことに気づき、
前を向いて進んで行ってくれるのかなと感じると、とても優しい気持ちになれました。

そして、あと1つ「月が綺麗と電話かけた夜も」のフレーズが、印象的で、
これは、夏目漱石が学校の英語の先生をしているときに
「I love you」を「今夜は月が綺麗ですね」と訳したという有名なエピソードをモチーフにしているのでしょうか。
しばらくの間、夜の挨拶は「今夜は月が綺麗ですね」になってしまいそうです。

きっと、スフィアのライブのソロコーナーでは歌わないだろうと思っているので、
いつかあるであろう、高垣さんのソロツアーを楽しみに待ちたいと思います。


■Over The Rainbow
これは、Music Rainbow 02でも歌っていただけた曲ですね。
私は、海外の曲などは、ほとんど知らないので、この曲をちゃんと聞いたのも
高垣さんが何回か歌ってくれた時ぐらいなのですが、
表題曲の「愛の陽」はテーマが少し重い感じで、
カップリングの「3 leaf clover」はテンポは軽やかですが、切ない感じがしていたので、
3曲目に、この「Over The Rainbow」を聴くと、とても癒される感じがします。
この3曲の構成は、とても絶妙なものを感じていて、それぞれ1曲ずつでも素敵ですし、
続けて聞いても、流れが素晴らしいなと感じました。




これまで、全てタイアップがついていたこともあり、それぞれの楽曲は、
その作品に寄り添った内容の楽曲となっていました。
今回、初のノンタイアップということで、高垣さん自身が経験し、積み重ねてきたもの、
そして、やりたいと思っていたことを、表現してくれていると思います。
ちなみに、どちらが良いとかではありません。もちろん、どちらも良いと思います。
次は、どんな歌を聴かせてくれるのか、楽しみです。

今回、初めて、複数店舗でCDを購入させていただきました。
理由はいろいろありますが、その1つとして、店舗特典のブロマイドが素晴らしかったためです。
あとは、CD本体の方は、購入していなかったり、初回限定生産盤のみを購入した方に、
お譲りして、少しでも多くの方に、高垣さんの歌声を聴いていただければ嬉しいなと思います。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

「電撃文庫 秋の祭典 2014」

2014/10/05に開催された「電撃文庫 秋の祭典 2014」に参加してきました。

いくつかステージがあるなかで、今回、高垣さん、戸松さんが出演する
下記の2つのステージに参加してきました。

  ・ソードアート・オンラインⅡ
  ・デュラララ!!ラジオ 略してデュララジ!!×2 公開録音

ステージを観る方法は、事前にメールで応募して当選した人はステージの近くのエリアで、
当選していない人でも、エリアの外側から観ることができるという方法がありました。

■ソードアート・オンラインⅡ

松岡さんが、司会進行ということで、
出だしから、不安しかありませんでした(褒め言葉
案の定、戸松さん、沢城さんからツッコミを受けながら、なんとか進行していきます。

松岡さんの魅力は、天然とも思われるような、たどたどしい行動と、
とても熱い想いの持ち主で、何事も全力でぶつかっていくところかなと思っています。
ソードアートオンラインのWEBラジオなどでも、鷲崎さんや戸松さんにいじられてる姿がとても、楽しいです。
WEBラジオは、復活してⅡになってから、3人ではなく、戸松さんと松岡さんが、
交互に登場する形式になってしまったので、ちょっとさみしく思っていました。
それでも、今回のステージで、戸松さんと松岡さんの関係性を見て、「あぁ、そのままだ」と安心しました。
よく考えてみれば、アフレコ現場では、顔を合わせているので、
そうそう、関係性が変わって、ぎくしゃくするということもないかと思いますが、
その辺りは、普段、見えない部分なので、やはり、安心という気持ちになりました。

途中、追加で、悠木碧さんが登場し、トークに参加。
それでも、松岡さんの立ち位置は、変わらずといった感じでしたw

最後に、戸松さんが歌うOPテーマ「courage(カーレッジ)」が、正真正銘の初披露となりました。
テレビサイズではありましたが、力強い感じの曲で、SAOの雰囲気に合っているなと感じました。

そして、そのあと、シークレットゲストとして、EDテーマを歌うLiSAさんが登場し、EDテーマを披露。

最後、とても後味の悪いことがありましたが、それを除いては、とても楽しいステージでした。



■デュラララ!!ラジオ 略してデュララジ!!×2 公開録音

通常、豊永さんと花澤さんがパーソナリティを務めるWEBラジオの公開録音。
今回は、花澤さんの代わりに、高垣さんが登場。

私は、抽選のファイナルチャンス的な追加での当選だったため、
整理番号が、本当に最後の番号でした。
それでも、なぜか、席がかなり空いていて、自分が番号順に入場した時も、
前の方の席が空いていたりして、最後に入ったとは思えないほど、
前の方で観ることができました。
もしかすると、当日が、ひどい風雨だったこともあり、来場を断念した方もいたのかもしれません。

花澤さんの無茶振りに応える豊永さんや、終始、楽しそうな高垣さんの姿に
こちらも、とても楽しませていただきました。
収録現場でのエピソードを聴いていると、めちゃくちゃ豪華なメンバーだけあって、
デュラララのゲームのテーマソングに選ばれた豊永さんのシングルのPVを
アフレコ現場のスクリーンで上映したり、それを皆で真似したりしているというエピソードなどが聴けて
とても、楽しそうな現場だと感じました。

個人的に、デュラララは、アニメの1期は見ていて、大好きな作品でしたが、
ラジオの方は、手を出せていませんでした。
今回、公開録音で、パーソナリティの花澤さんが不在の状況でしたが、
とても面白い番組だと知ったので、どこかで時間を作って、聞いてみたいと思いました。
原作の方も、当時、手が出せないまま、ここまで来てしまっているので、読んでみたいと思いました。
WEBラジオの方も、時間が作れたら、聞いてみたいなと思いました。



このイベントに参加するのは、今回が初めてだったのですが、
当選していなくても、後ろの方から、十分に楽しめそうだったので、
次回、興味があるステージがあれば、参加してみたいなと思いました。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

新感覚・音楽朗読劇SOUND THEATRE「eclipse(エクリプス)」

2014/09/23・28に、
新感覚・音楽朗読劇SOUND THEATRE 『eclipse(エクリプス)』
を観劇してきました。

続きを読む »

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

日笠陽子ライブツアー「Le Tour de Couleur(ル・ツール・ド・クルール)」東京公演

少し日にちが経ちましたが、
10/01(土)に開催された日笠陽子さんの
ライブツアー「Le Tour de Couleur(ル・ツール・ド・クルール)」の
東京公演に参加してきました。

続きを読む »

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

高垣彩陽 キバコの会 第五回公演「KAKOCHI-YA」

大分、時間がたってしまいましたが、
高垣さんが出演する『キバコの会 第五回公演「KAKOCHI-YA」』を
観劇させていただきました。

続きを読む »

テーマ : メカクシティアクターズ - ジャンル : アニメ・コミック

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。