スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「パンチライン」先行上映試写会+キャストトークショー

2015/03/15、アニメ「パンチライン」先行上映試写会+キャストトークショーに
参加させていただきました。

場所は、お台場 シネマメディアージュ。
イベントとして行くのは、初めてだったかと思います。

上映するのは第一話だけかと思っていたら、
第一話上映後、司会の方が登場して、第二話も上映して下さると発表があり、
ビックリしました。
実際、一話を見ただけでは、面白そうという雰囲気は感じたものの、
判断が難しそうな感じでした。
しかし、二話目まで見ると、少しだけですが、雰囲気もつかめてきて、
「これは面白そうだな」と感じることができました。

まだ、放送前なので、内容には振れませんが、
「パンツを見たら、人類滅亡」という、
とてもインパクトがあるキャッチコピーから感じる期待以上に面白かったです。


試写会後のキャストトークショーに登場してくれたキャストは、
井上麻里奈さん、雨宮天さん、寿美菜子さん、戸松遥さん、吉田有里さん。

井上さんは、ラジオなどでのトークを聞いたこともあったので、
しっかりとトークを回せる印象でした。
その印象、そのままに、キャラクターの説明であったり、
作品自体の説明について、おもしろくお話ししてくださり、
さすがだなと感じました。

雨宮さんは、そういうキャラクターなのか、場慣れしていないだけなのかわかりませんが、
わちゃわちゃした雰囲気で、とても可愛らしかったです。

寿さんは、挨拶の場面で、突然、腕時計を光らせてみたりと、いつも通りの雰囲気でした。
トーク自体は、司会の方や井上さんがまわしてくれたり、吉田さんが、賑やかにしてくれていたので、
必要以上に前には出ずに、バランスを取っているのかなぁという印象でした。

戸松さんは、少し落ち着いた雰囲気というか、余所行きのイメージでした。
やはり、スフィア4人で何かしている時とは、ちょっと違って少ししっかりしている感じ(失礼)がしました。
でも、イベント終了後、退場する時には、寿さんといちゃついていたりして、
いつも通りな雰囲気も感じられました。

また、ミュージックレインの7分の3がこの場にいるということで、
寿さん、戸松さんが、後輩の雨宮さんとどのように絡むのかなというところも楽しみにしていましたが、
そんなにたくさん絡んでいることもなかったので、ちょっと残念でした。
井上さんや司会の方からも、ミュージックレインの3人をいじるようなトークがあって、
個人的に、とても楽しめました。

このキャストの中で、最もインパクトがあったのは、ちら之助役の吉田有里さんでした。
とても特徴のある声で、独特の感性を持っているような感じがしました。
でも、フリーダムな感じだけでなく、失礼ながら、ちゃんとしっかり作品をとらえていて、
いろいろ、説明してくれていたので、そのギャップが良かったです。

ミュージックレインの3人は、なんとなく、演じるキャラクターに寄せた衣装を着てきたのかなと感じました。
雨宮さんは、挨拶の際に、ご自身で、そうおっしゃっていましたし、
寿さんは、自身の演じる「曳尾谷 愛(ひきおたに いと)」がフードつきのパーカーを着ているようだったので、
それに合わせたのかなと思いました。
戸松さんも、挨拶の際に、自身の演じる「秩父 ラブラ」に合わせて、
セクシーな雰囲気の衣装で、素敵でした。


このトークの中で、特に感じたのは、この「パンチライン」というアニメは、
視聴者にちょっとずつ、情報が明かされていくストーリー展開のため、
いろいろ喋れないことがあるということでした。
キャスト陣も、どこまで喋っていいのか、苦戦しながらトークしているように感じました。

今回、一話、二話と視聴させていただき、先の展開がとても気になる内容でしたので、
4月からの本放送では、視聴対象にしたいと思います。

正直、寿さん、戸松さんが出演していなかったら、
今回の先行上映試写会で観ていなかったら、
単なるパンツアニメかと思って、観ることもなくスルーしてしまったかもしれません。

面白そうな作品に出合わせてくれたご縁に感謝です。


スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。