スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寿美菜子 3rd Live Tour 2015 "Tick Tick Tick"」名古屋公演

2015/04/26(日)、「寿美菜子 3rd Live Tour 2015 "Tick Tick Tick"」の名古屋公演に、
参加させていただきました。

場所は、「Zepp Nagoya」。

※ツアー中ですので、ネタバレがイヤな方は、注意願います。
今回、前日からの夜行バスで向かい、現地で、同じくバスで向かった友人と合流して、
モーニング食べに行ったりして、少し、時間をつぶして、11時頃から、物販の列に並びました。
そこから、場所を取りつつ、食事を買ってきて腹ごしらえしたりして、
時間をつぶし、14時から、物販開始。
前には、100人いなかったんじゃないでしょうか。
自分が、レジに到着する頃には、既に、Tシャツ等のXXLとSは、売切れ。
ちょうど、自分が購入した直後くらいに、Mサイズなども売切れていました。
これには、ホントにビックリでした。
限定カラーは、この公演でしか販売できないからといって、
いくらなんでも、少なすぎるんじゃないかと思います。
そして、自分の中で、一番謎なのは、ツアーTシャツも、すぐに売り切れたこと。
ツアーTシャツは、次の会場に持ち越せばいいのだから、別に余ってもいいんじゃないかと思います。
だったら、買いたい人がいるのに、買えない状況の方が、もったいないんじゃないのかなと思いました。

友人に頼まれていたものを含めて、限定Tシャツとか、ツアーTシャツなどを購入する予定でしたが、
ツアーTシャツだけは、売切れていて、購入してあげることができませんでした。

物販で購入後は、ガチャを数回まわして、一度、カフェで休憩してから、開場を待ちました。

前回の大阪と同様に、オールスタンディングなので、ある程度の番号で区切って並び、
10番ぐらいの区切りで、入場していく感じでした。

今回のセットリストは、下記の通り。

01. FLY@WAY
02. STRIDE
03. girly highester!
04. プリズム
05. Believe ×
06. black hole
07. ウレイボシ
08. ミュージックスター
09. i wanna be my precious one
10. Shiny+
11. MAGNETICA
12. 小さな手紙
13.メドレー
   13-1. pretty fever
   13-2. Bubblicious
   13-3. カラフルダイアリー
   13-4. Like a super woman
14. Another Wonderland
15. ココロスカイ

EN1. HAPPY HAPPY LIFE
EN2. Startline

渋谷、大阪の公演と同じ内容です。

前回は、後ろの方で、観させてもらいましたし、
せっかくのオールスタンディングということもあり、
今回は、最前ブロックまで行かせてもらいました。
自分の整理番号は、200番台で、入場して、すぐ中にはいると、
思っていたより、前の方が空いていたので、
中央より、少し下手側の4列目あたりに位置取りました。


ライブで印象に残ったことを。

始まった瞬間、かなりの圧縮がかかりました。
最前列に、知り合いがいたので、かなり心配しましたが、
後から聞くと、周りの方が、後ろに下がるように促したり、
ブロックしてくれたので、大事には至らなかったようでした。

前回の大阪では、最初の会場の雰囲気を「おとなしい」と表現していましたが、
今回は、ちょっと、驚いたように笑顔になっていました。

最初こそ、かなりの圧縮がかかっていましたが、
寿さんが、少し促したこともあり、曲と曲の間で、「ちょっと後ろ下がって~」と
声を掛けあったりして、あまり、むちゃくちゃな感じにはならず、安心しました。

自分は、勢いに流されたり、ちょっとでも見やすそうなとこを探しながら、流れていました。
途中、たまたま、となりにいた人と、顔を見合わせて、「めちゃくちゃ楽しいですね♪」と声を掛けあったり、
皆で、素敵なライブを作り上げようという想いが溢れていたように思います。
もちろん、盛り上がる曲がくると、中央に突っ込んでいくこともありますが、
それは、オルスタの醍醐味というか、仕方のないことかと思います。
普段は、時折、腕が当たるかどうかという距離感のライブなので、
こういった、人がぎゅうぎゅうに集まっている状態で、
それこそ、熱狂的にはしゃぐのも、楽しいものです。
その分、疲れましたが。
結構、早い段階で、シャツは、汗でびっしょりになっていました。


途中のMCで、寿さんが、最前ブロックの圧縮具合をみて、
少し下がるように促すとき、皆が、せーので一歩下がる様子をみて、
もう一回やろうとか、言いだして、自分らは、どこまで、下げられるんだろうかと思いました(笑)


その他、水分補給を促すとき、よく、演者が水を飲むと「お水おいし~?」と叫ぶ輩がいますが、
今回は、逆のパターンで、
寿さん「今回は、聞いてあげよう」
(ん?「聞いてあげよう」?)
寿さん「上から目線でごめんなさい(笑)」
というやりとりもありつつ、和やかな雰囲気。


あとは、「愛知」か「名古屋」かという話で、今回は、会場が「Zepp Nagoya」ということで、
「名古屋」で行こうとなりました。


フラッグについては、今回も、なんとか、キャッチ成功。
MCでもそのことに触れ、最後の公演で失敗したらイヤだから、さらに練習すると言っていました。
おそらく、ファイナルの神奈川県民ホールは、映像化されると思われますし、
そこで失敗するのは、避けたいですよね。

でも、寿さんなら、キャッチミスを恐れて、無難な高さまでしか投げないということはなく、
なんなら、これまでの公演中最高の高さまで放り投げて、華麗にキャッチしてくれるんじゃないかと
期待させられてしまいます。

最悪は、ほら、Our Strideの時みたいに、ね。(今回のタイミングだと、ちょっと難しそうですが・・・)


アンコールでは、例によって、無茶振りのメンバー紹介。
今回は、GWの予定。
瞬間的に、このツアーのファイナル公演じゃないのか?と思いましたが、
そこ以外の部分の予定ってことだったのでしょう。

ちなみに、客席から、「逆から」という声が上がっていましたが、
「バンマスだから、ダメ、縦社会は、厳しいのです」ということで、
今回も、山田さんから。

山田さん : 奥様が、旅行に出かけてしまうらしいです。
       てっきり、お子さんも連れて行ってしまって、
       一人で寂しいということなのかと思ったら、
       奥様一人で出かけてしまうらしく、
       お子さんの面倒もみないといけないということでした。
       料理などが苦手と言っていました。

山内さん : 仕事だと言っていました。

籠島さん : 特に仕事はない。
       なんと、弟さんが海外で結婚式をあげるということで、
       あまり海外に行ったことないけど、行くんだそうです。
       
       そして、「もう1公演ぐらいやったらいい」と言って、
       (キーボードの位置へ)去っていきました。

平井さん : 休みが取れることが決まったそうで、
       どこに行くか検討中とのこと。
       
       そして、去り際に、後ろで、次の曲の準備をしている籠島さんへ。
       
       「籠島さん、さっき、仕事無いとか言ってたけど、
        GW前までのアレンジの仕事がありますからね!」

ゆあさん : 親友の誕生日のサプライズのため、旅行に行くとのこと。

KAORIさん : KAORI先生も、基本的には、仕事とのこと。
       「仕事柄、職業・・・・???職業柄、仕事・・・??」
       と、よくわからなくなっていると、
       寿さん「KAORI先生、ちょっとアホだそうでw」
       
       その一言に、KAORI先生は、「(それは、言っちゃダメ!)」って感じで
       指を口のとこに持っていって、「しー!」とw
       
       KAORI先生は、教え子のレッスンやステージなどがあるとのこと。
       
       そして、親友に赤ちゃんが生まれたので、会いに行きたいと言っていました。


そして、今回も、ラストは、Startlineで、盛り上がって、幕。

最初は、下手よりにいたのですが、気づいたら、上手側の2列目くらいにいましたw
こうやって、流されたり、流れたりしていくのも、オルスタならでは。
とても、楽しかったです。

終演後は、周りにいた方々とハイタッチをして、楽しかったという想いを共有しました。
終わった後は、もう、ヘロヘロになっていて、すでに足が痛かったですw

その後、軽く打ち上げをして、新幹線で帰路に着きました。

ホントに、「楽しかった」以外の感想が出てこないくらい、楽しかったです。

次は、ファイナルとなる神奈川県民ホールでの公演ですが、
オルスタを2公演挟んでからのホール公演がどんな感じになるのか、
とても、興味があります。
正直、オルスタの方が、爆発力があるのは、どう考えても否定できないので、
ちょっと心配ではあります。
それでも、最高のライブになるであろうことは、間違いないと思います。

次でファイナルというのも、あっという間すぎて、ビックリしてしまいますが、
それだけ、濃厚な1ヶ月を過ごしたということだと思います。

神奈川県民ホールでのファイナル公演、後悔の無いよう、精一杯楽しみたいと思います!
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。