スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KING SUPER LIVE 2015」1日目

2015/06/20(土)に「KING SUPER LIVE 2015」の1日目に参加させていただきました。

20150622-01

まずは、イベント前までのことをまとめておきたいと思います。

「KING SUPER LIVE 2015」は、キングレコードが主催する初の大型アニソンフェスということで、
出演者も、豪華すぎるほど、豪華。

[出演者] ※敬称略
angela / 上坂すみれ / every?ing! / 奥井雅美 / 小倉 唯 / 陰陽座
カスタマイZ / かなでももこ / 喜多村英梨 / 小松未可子 / 佐藤聡美 / 高橋洋子
田村ゆかり / 林原めぐみ / 保志総一朗 / 堀江由衣 / 松澤由美 / 水樹奈々 / 宮野真守
森口博子 / ゆいかおり / 米倉千尋(50音順・全22アーティスト・両日共通)

今回、特定の「この人が出演するから行こう!」ということでなく、
もう、出演するメンバーが豪華なので、スケジュールさえ合えば、行きたい!という感じでした。

自分が子供の頃に見ていたアニメの主題歌をたくさん歌っていた方も多く、
とても楽しみにしておりました。

特に、気になっていたのは、この方々。
  ・林原めぐみさん
  ・松澤由美さん
  ・奥井雅美さん
  ・米倉千尋さん
  ・森口博子さん

林原さんは、もう説明不要でしょう。
自分が子供の頃が、全盛期(という言い方が失礼かもしれませんが)という感じで、
毎日、林原さんの声を聴かない日は無かったんじゃないかというくらい、
メインキャラを演じておられました。
しかも、主題歌なんかも歌っちゃうという、ハイパーっぷり。
個人的に、聴きたい曲というと、上げ始めたら、キリがありませんが。
  ・Give a reason
  ・MIDNIGHT BLUE
  ・Successful Mission
  ・Lively Motion
  ・Proof of Myself
  ・Fine colorday
  ・A HOUSE CAT
  ・おやすみなさい 明日はおはよう
  ・~infinity~∞
  ・サクラサク

スレイヤーズ、セイバーマリオネットJ、万能文化猫娘などなどなど・・・
というか、知ってる曲なら、どの曲を歌ってくれても、感動しちゃうこと間違いなしです。


松澤さんは、なんといっても「ナデシコ」ですよね。
TVの時と、劇場版の時。
そして、個人的には、ジバクくんの曲が記憶に残っています。
ということで、個人的に聞きたかった曲は、このあたり。
  ・YOU GET BURNING
  ・Dearest
  ・誰も知らない地図で


奥井さんも、アニメのOP/EDを歌いまくってましたよね。
自分も、何枚かアルバムを買わせていただいたことがありました。
聴きたかったのは、この曲たちでしょうか。
「ヤマモトヨーコ」とか「アキハバラ電脳組」とか、たくさん歌われてました。
ということで、個人的に聞きたかった曲は、このあたり。
  ・輪舞-revolution
  ・Birth
  ・天使の休息
  ・恋しましょ ねばりましょ


米倉さんも、アルバムを買わせてもらったことがありました。
聴きたかったのは、この曲たち。
やはり、ガンダムと封神演義が中心のイメージですかね。あとモンコレ。
  ・嵐の中で輝いて
  ・10 YEARS AFTER
  ・WILL
  ・FRIENDS
  ・陽のあたる場所
  ・Just Fly Away
  ・Return to myself

森口さんは、リアルタイムで、触れたことはなく、
後追いですが、ガンダムシリーズで、素敵な曲を歌われていて、心に残ってます。
  ・ETERNAL WIND-ほほえみは光る風の中-
  ・水の星へ愛をこめて




場所は、さいたまスーパーアリーナ。

実は、さいたまスーパーアリーナを訪れるのは、初めてでした。

開場が14:00、開演が16:00。
物販は10:00から。
と、それぞれ、かなり余裕を持った時間が準備されていました。

当日は、買えれば、パンフレットくらい欲しいかなと思っていた程度なので、
15時前くらいに、到着する感じで、移動。
先に、到着していた友人と合流して、開演少し前まで、外でお話ししていました。

最終的に、開演前は、物販は買えませんでした。
おそらく、もう少し早めに行って、並んでいけば、そこまでかからずに買えたと思うのですが、
まぁ、終演後でも、最悪、翌日に友人に買ってもらうという手もあったので、あまり焦っていませんでした。

そして、入場。

今回の、自分の席は、下記の通り。

20150622-02

200レベルの1列目。
なんと、アリーナのすぐ外側の最前列。
200レベルって、かなり低い位置にあるんですね。
アリーナ会場の1階席みたいな感じを想像していました。
目の前には、柵もあり、とても見やすい。
スタンディングもOKでしたり、言うことなし。
チケットを取ってくれた友人に感謝です。


今回のセットリストは、下記の通り。

※敬称略

01.高橋洋子
  01-01.残酷な天使のテーゼ
  01-02.魂のルフラン

02.堀江由衣
  02-01.ヒカリ
  02-02.Stay With Me
  02-03.YAHHO!!

03.米倉千尋
  03-01.嵐の中で輝いて
  03-02.WILL

04.佐藤聡美
  04-01.ミライナイト

05.カスタマイZ
  05-01.一筋の光明(ヒカリ)

06.ゆいかおり
  06-01.Our Steady Boy

07.かなでももこ
  07-01.赤いメモリーズをあなたに

08.小松未加子
  08-01.Black Holy

09.every?ing!
  09-01.カラフルストーリー

10.上坂すみれ
  10.-01.七つの海よりキミの海

11.小倉唯
  11-01.Baby Sweet Berry Love
  11-02.Raise

12.松澤由美
  12-01.YOU GET TO BURNING
  12-02.Dearest

13.保志総一朗
  13-01.Shining Tears

14.林原めぐみ
  14-01.Give a reason
  14-02.Over Soul
  14-03.JUST BEGUN

(20分間の休憩)

15.陰陽座
  15-01.甲賀忍法帖

16.喜多村英梨
  16-01.凛麗
  16-02.Birth

17.奥井雅美
  17-01.輪舞 -revolution
  17-02.朱-AKA-
  17-03.そうだ、ぜっだい。

18.宮野真守
  18-01.BREAK IT!
  18-02.オルフェ
  18-03.シャイン

19.田村ゆかり
  19-01.Little Wish ~first step~
  19-02.Pleasure treasure
  19-03.W:Wonder tale

20.angela
  20-01.騎士行進曲
  20-02.イグジスト
  20-03.明日へのbrilliant road

21.森口博子
  21-01.水の星へ愛をこめて
  21-02.ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~

22.水樹奈々
  22-01.Synchrogazer
  22-02.終末のラブソング
  22-03.ETERNAL BLAZE

コラボ企画

23.上坂すみれ・佐藤聡美・every?ing!・ゆいかおり・かなでももこ
  23-01.ハッピー☆マテリアル

24.田村ゆかり・堀江由衣・喜多村英梨・小松未可子
  24-01.Forフルーツバスケット

25.保志総一朗・宮野真守・KATSU(angela)
  25-01.翔べ!ガンダム

26.森口博子・松澤由美・米倉千尋・水樹奈々・atsuko(angela)
  26-01.RHYTHM EMOTION

27.全員
  27-01.Get along



正直、全ての曲がわかるわけではない、というより、
むしろ、最近の方の曲は、まったくといっても過言ではないほど、
わかっていませんでした。
なので、自分の印象に残った部分の感想を。



■高橋洋子さん

いきなり、高橋洋子さん。
曲は、もちろん、「残酷な天使のテーゼ」。

いきなり、「ざ~ん~こ~くな」と流れてきた日には、
テンションあがらずには、いられませんよ。

そして、歌い終わると、曲を繋げるように、「たまし~のルフ~ラ~ン」
もう、これだけで、このイベントがどれだけスゴいイベントなのか、怖くなりました。


■堀江由衣さん

高橋洋子さんが終わって、次は誰が出てくるのかなと思っていたら、
自分たちの席より、少し後方の側面部分から、トロッコにのった堀江さんが。

「いぬかみっ」のOPだった「ヒカリ」や、
「DOG DAYS"」のEDだった「Stay With Me」などを披露。
トロッコで、後ろの方に行ってしまったので、遠かったのですが、
出てきた瞬間は、比較的、近くだったので、ちゃんと見えて良かったです。


■米倉千尋さん

続いて登場したのは、米倉さん。
まずは「嵐の中で輝いて」。
あのイントロだけで、鳥肌が立ちました。
そして、軽いMCが入り。
「夢の国を一緒に探してくれますか!」との声の後、「WILL」を披露。
2曲とも、自分が聴きたい曲に入っていたので、とても感動しました。


■佐藤聡美さん

「ミライナイト」1曲のみを披露。
自分もこの曲は、「生徒会役員共*」を見ていたので知ってました。
声優としては、実績のある佐藤さんですが、
アーティストとしては、新人に近いので、
若手枠っぽく、曲数は少なかったですね。
ちょっと残念でした。


■松澤由美さん

ステージ上で、火柱が上がる演出と共に「YOU GET TO BURNING」を熱唱。
松澤さんは、「機動戦艦ナデシコ」のOPであったこの曲でデビューして、
今年で20年になるそうです。
自分も、子供の頃に見ていたアニメということもあり、ちょっと感慨深かったです。
そして、「ナデシコ」つながりで、劇場版の主題歌「Dearest」も。
聴きたいと思っていた曲で、良かったです。


■林原めぐみさん

今回の主役といっても過言ではないでしょう。

順当に考えると、林原さんが、トリを務めるのが妥当だと思います。
私の勝手な予想ですが、林原さん自身が、トリを務めるのをイヤがったのではないかと思います。
それは「林原めぐみ」がトリを務めてしまうと、キングレコードではなく、林原めぐみのイベントになってしまうから。
今回は、あくまで、キングレコードのフェスなので、林原さん自身が、自分の比重が少しでも重くならないように、
調整したのかなと感じました。
でも、重要人物であることには変わりない、だから、休憩前の前半のトリとして、林原さんを配置したと。
もしかすると、主催者がそう考えたのかもしれませんが、そういう印象を受けました。

そして、ここまで、比較的、キッチリとした衣装をしている方が多かったのに、
林原さんは、ダメージジーンズにシャツという、非常にラフな格好で登場。
それすら、もう、カッコよすぎでした。

当然のように「Give a reason」。
この曲抜きでは、林原さんは、語れないと思うくらい、自分の中の林原さんの代表曲。
「Over Soul」は、シャーマンキング自体、見てたけど、ちょっと世代がずれるかなという印象。
それでも、もう、盛り上がりますよね。


■奥井雅美さん

まずは、「輪舞 -revolution」を披露。ウテナの曲ですね。
ある意味、ウテナの曲は「そりゃ、歌うでしょ」という感じ。

そして、ここからがすごかった。
まさか、「朱-AKA-」を聴けるとは。
何がって、「アキハバラ電脳組」の曲ですよ。
見てましたよ!
そして、そこで、奥井雅美さんのアルバム買ったんです。
テンションも上がろうというものです。

そして、その後のMCで、次に歌う曲の紹介というところで、
「ヤマモト・ヨーコ」という名前が。
「そうだ、ぜっだい。」が聴ける。
その瞬間「えっ!まじでっ!」ってなりました。


この2曲、若い世代の方は、ひょっとするとわからなかったんじゃないかなぁ。
自分にとっては、完全にストライクでしたが。

欲を言えば、「朱-AKA-」ではなく「Birth」を。
そして、「そうだ、ぜったい。」ではなく「天使の休息」を歌ってくれたら、
もっと、発狂していたかもしれません。

帰り道、2日目は、そっちを歌うんだろうなと思うと、少し、いや、とても残念でした。
せっかく、「アキハバラ電脳組」「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」の曲を聴けるならと、
欲張ってしまいます。

※結果的には、2日目には、その曲ではなかったということなので、
 セーフという感じですw


■宮野真守さん

宮野さん好きの方から、CDをいただき、聴いていた「BREAK IT!」。
そして、有名な「オルフェ」。
さらに、新しい「シャイン」。

宮野さんの魅力が凝縮されたような3曲でした。

宮野さんの生ステージは、初めて観たのですが、カッコイイです。

まず、ダンサーさんが登場し、ステージセンターに円状に並んで、内側を向く、
そして、一斉に、内側に向けて、腕を伸ばして、指さして、引き金を引くようなアクションをすると、
中央部分に、激しい爆発のような火花が。
そして、その次の瞬間、そこには、宮野さんがいました。

もう、その演出だけでカッコイイですよね。

宮野さん、ダンスもキレキレですし、カッコいいんですが、それだけじゃない、
すごく可愛いんですよ。
笑顔が素敵でした。
すっかり、魅了されてしまいました。


■angelaさん

登場した瞬間の衝撃がすごかった。
atsukoさんは、ライオンのキグルミ。
KATSUさんは、王子様のかっこ。

「私服で来ちゃいました」とか、さんざん、ボケ倒して、angelaらしさを見せてくれましたw

歌ったのは、シドニアの二期のOP、蒼穹のファフナーのOP。
この2曲は、1月に開催されたリスアニライブでも聴くことができていたので、
冷静に楽しむことができました。

ヤバかったのは、「明日へのbrilliant road」です。
「宇宙のステルヴィア」のOPです。
昔見ていたアニメの曲を、時を経て聴けるというのは、とても感慨深いです。


■森口博子さん

森口さんと言えば、ZガンダムとガンダムF91ですね。
「水の星へ愛をこめて」と「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」の2曲を、
丁寧に、しっとりと歌い上げてくださいました。

森口さんというと、バラエティアイドルというイメージが強かったのですが、
この時の森口さんは、とても落ち着いた雰囲気で、
アニメソングの凄さを語ってくださいました。
森口さん自身、「水の星へ愛をこめて」がデビュー曲で、
一度、解雇を言い渡された後に、「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」が
救ってくれたということをおっしゃっていました。

自分は、リアルタイムでは、この曲は、聴いたことがないのですが、
あとから、ガンダムシリーズを見たときに、とても、好きになった曲です。
感動しました。

あと、森口さん、大変、キレイでビックリしました。


■水樹奈々さん

そうそうたる面々の中で、トリを飾るのは、水樹さん。

なんと、宙をワイヤーで飛びまわりながら、「Synchrogazer」を披露。
シンフォギアの曲ということで、自分も知っていたので、とてもテンションがあがりました。



そしてここから、「まだ、もりあがれますよね!」ということで、コラボ企画へ。


その近辺で、自分の目の前の通路を遮っていた柵が取り払われていたので、
「もしかしたら、トロッコが通るのかも」と思っていたら、案の定、トロッコが登場。
反対側にもトロッコが登場しました。

■上坂すみれさん・佐藤聡美さん・every?ing!・ゆいかおり・かなでももこさん

両側のトロッコに、半分ずつ乗り込み、歌いだしたのは、
なんと「ハピマテ」こと「ハッピー☆マテリアル」
「ネギま」の曲として、なんかすごい数のパターンがリリースされていたイメージで、
当時、大人気だったと思います。(自分は、軽くしか知りませんでしたが)

自分の席は、200レベルの1列目。
つまり、この時は、最前列です。
もう、目の前を、トロッコに乗った皆様が、通っていくのです。
手を振ると、振り返してくれる。
こればっかりは、近すぎて、勘違いはなかったですね。
完全に、目が合いながら、手を振ってくれました。
感動しました。


そして、次の曲は。

■田村ゆかりさん・堀江由衣さん・喜多村英梨さん・小松未可子さん

イントロのハミングのような部分で、鳥肌が立ちました。
なんと「フルーツバスケット」のOPだった「Forフルーツバスケット」。

この曲は、
何もなくても、涙が出てくるくらい、いい曲で、大好きな曲。

しかも、歌われていた岡崎律子さんは、既に亡くなられてしまっている。

そして、誰が歌っているのかと思って、よく観たら、その中には、
「フルーツバスケット」で本田透を演じた堀江由衣さんが!

ここまで、そろったら、感極まらないわけがありません。

※自分は、名前程度にしか知らないのですが、
 堀江さん、田村さんの「やまとなでしこ」コンビが、歌っていたのも、大きいですよね。
 
 このお二人は、最後の「Get along」でも、一緒に歌ってたのが、印象的でした。


そして、次の曲は。

■保志総一朗さん・宮野真守さん・KATSUさん(angela)

今度は、バックステージに登場。
歌う曲は、なんと「翔べ!ガンダム」。
なんで、その選曲?と、一瞬、思いましたが、
保志さんは「ガンダムSEED」の「キラ・ヤマト」、宮野さんは「ガンダムOO」の「刹那・F・セイエイ」と、
それぞれ、ガンダムパイロットを務めています。
KATSUさんは、ライブで、ガルマ・ザビの口上を述べたりしているということで、
一応、ガンダムつながりか?という感じ。(ジオン軍ではありますが)

途中、保志さんが「こんなに嬉しいことは無い(アムロ)」とか、
宮野さんが「俺がガンダムだ、俺たちがガンダムだ(刹那)」など、名台詞を披露。


そして、次の曲は。

■森口博子さん・松澤由美さん・米倉千尋さん・水樹奈々さん・atsukoさん(angela)

続いて、フロントのステージから伸びる花道の先に。
なんと歌ったのは「RHYTHM EMOTION」。
もう、こちらも名曲、しかも、歌ってるメンバーも豪華。
幸せな時間でした。



幸せな時間は、あっという間なもので、ということで、
ホントのホントにラスト。
森口さんが司会のようになり、出演者を呼び込みます。

そして、一人ずつ挨拶ということで、林原さんへ。

最後の挨拶のところで、森口さんが、「年功序列ということで、ねぐねぇ」と、
林原さんのことを「ねぐねぇ」と呼んでいたのが、とても、印象に残っています。
正直、森口さんと林原さん、どちらが年上で、どちらが先輩なのか、わかっていませんでした。

あとから、調べると、林原さんの方が、森口さんより、1つ年上なんですね。

私は、二人がどのような関係なのかわかりませんが、
どちらも、キングレコードに在籍して長い方ですから、それなりの交流があるのでしょう。


それぞれが、挨拶をされていく途中で、保志さんの番になり、
保志さんが、「林原さんと、同じステージに立つことができたよかった」というと、
林原さんと抱き合っていたのが、とても、印象的でした。
このお二人は、「ロスト・ユニバース」での共演のイメージです。
コラボとかで「~infinity~∞」を歌ってくれたら、よかったのになと思いました。


angelaの番になると、atsukoさんが、パフォーマンス時に
「『every?ing!』のatsukoです!」と言ったことを謝罪したり、
KATSUさんが、恒例(?)の「ガルマ・ザビの演説」のくだりをやったりしてました。
KATSUさんは、その後、皆さんに謝ってました。
林原さんからは「自分は、ジオンとは言えなかった」と言われていました。
その時「(0080 ポケットの中の戦争の)クリスだ!」ってなりました。

改めてみると、ガンダムに縁の深い方が、多かったですねぇ。

そして、最後は、出演者全員で、「スレイヤーズ」の「Get along」を。


今回のフェスに参加させてもらって面白かったのは、
曲によって、テンションが上がっている年代が、真っ二つに分かれてるっぽいことです。
おそらく境目は、30歳ぐらいだと思います。
自分は、完全に、上の世代でしたね。


今回、このライブに参加して感じたのは、
自分は、キングレコード、スターチャイルドに育てられたといったも過言ではないほど、
子どものころから、アニメの主題歌などを聴いてきたんだなということ。


素晴らしいフェスでした。
おそらく、今後も開催されていく事と思いますが、
どれくらいの周期で開催されていくのかも、気になるところですね。
毎年できるに越したことはないのかもしれませんが、
質を高めるためには、数年に1度ぐらいの頻度が良いのかと思います。

次に開催された時にも、ぜひ、参加したいと思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。