スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」 大阪公演

2015/07/18(土)に、戸松遥さんの3rdライブツアーである
「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」
の大阪公演に参加させていただきました。

※ネタバレが、多分に含まれております。
 ツアー中ですので、ご注意願います。
場所は、オリックス劇場。
自分は、初めて訪れる場所でした。

当日は、前日からの夜行バスで、大阪入り。
台風の影響で、到着が1時間ほど遅れましたが、
特別、用事があったわけでもなかったので、特に問題ありませんでした。

午前中は、曇っていたのですが、午後からは、これでもかというほどの晴れ。
涼むのを半分目的にして、コーヒーショップなどで時間を潰したりもしました。

会場付近をうろついていた時、あまり知り合いに出会えなくて、
ちょっと、不安になったりもしていましたが、
開場したりする頃には、そこそこの人数の知り合いもいて、
ちょっと安心しました。

今回の席は、このあたり。

20150725_01


可もなく、不可もなくという感じの席。
それでも、それなりに傾斜があったので、問題なかったです。

今回は、初めて連番も組む人もいたりして、
ちょっと、わくわくしながら、ライブに臨みました。

今回のセットリストは、下記の通り。

01. Fan Fun Parade
02. Fantastic Soda!!
03. motto☆派手にね!
04. ラブ ローラーコースター
05. No.1 GIRL
06. ヒカリギフト
07. In Our Hands
08. 七色みちしるべ  ※会場限定曲
09. PACHI PACHI PARTY
10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)
11. 明日色ひまわり
12. Counter Attack  ※会場限定曲
13. Girls, Be Ambitious.
14. courage
15. Q&A リサイタル!
16. 恋ヲウチヌケ
EN01. Tomorrow
EN02. マリラレルラ


今回の公演に特化して、感想などを。

06. ヒカリギフト

個人的に、白のサイリウムを振ったらきれいだなと思っていて、
今回、知り合いと一緒に、白を振っていました。
前回の公演に比べて、それなりの方が、白を振っていたりして、
段々、浸透してきたのかな。と嬉しくなりました。


08. 七色みちしるべ  ※会場限定曲

会場限定曲、さぁ、何が来るんだとワクワクしていたら、
なんと、「七色みちしるべ」。
個人的に、どこかでくるかなという想いが少しはありましたが、
いざ、イントロが流れると、テンションが上がりますね。

これまでの公演では、しっとりとした曲だったこともあって、
着席のまま聴く感じでしたが、この曲は、立って、サイリウムを振って楽しむ感じに。
さすがに、あの「Sunny Side Stage!!」の伝説の七色企画のようにはなりませんが、
基本は、オレンジでありつつ、思い思いの色を振ってる感じで、キレイでした。
戸松さんも、目の上あたりに手を持ってきて、眺めるような仕草をしたりしていましたね。


09. PACHI PACHI PARTY

今回、直前の会場限定曲が、「七色みちしるべ」ということで、
心にダメージを負う曲ではなかったので、初めて、最初から、純粋に楽しめた気がしました(笑)

皆で、一緒に「イエーイ」とか言ったりするのも、とても楽しいのですが、
腕をぐるっとまわして、ガッツポーズのようにしたり、両手を握って、前に出して振ったり、
振りがとても楽しいです。


10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)

毎度、ざわざわするコーナー(笑)
今回、新たな情報がありました。
振り付け2番の「ゆるさな~い」というように両手をほっぺの辺りに当てて、
左右に振る部分は、実は、顔からビームをだしているイメージということでした。
そして、それを聞いて、さらに、ざわつくことにw
なかなか慣れないながら、ちょっとずつ身についてきた気もしました。

ワンテンポおいてからの「ワクワク♪ワクワク♪」のところは、楽しいです。


11. 明日色ひまわり

とてもテンションが上がって、盛り上がりました。
この曲は、ちょっとしっとりめに聞きたい気持ちもありつつ、
でも、盛り上がっても楽しいという、自分の中で、なんとの不思議な立ち位置の曲です。
でも、しっとりめで聴いたら、きっと、泣いてしまうと思います。


12. Counter Attack  ※会場限定曲

そして、ここで、まさかの「Counter Attack」。
正直、まだ、ここでは歌わないと思っていたので、
来た瞬間、「え!?」って感じで、出遅れ感がありました。
大好きな曲なので、めちゃくちゃ盛り上がりました。


15. Q&A リサイタル!

やるとは思ってましたが「いくでっ!」からスタート!
これには、会場も、さらにテンションアップ!
めっちゃ、盛り上がりましたね。


EN01. Tomorrow

アンコール明けのこの曲。
何回か参加している方は、アンコール明けは、「Tomorrow」なので、
座ったままになる感じかと思いますが、
バンドメンバーや、戸松さんが登場した時は、立ち上がって待機する方も多かったと思いました。
これは、この公演が初の参加の方が多かったのかなと感じました。
全部の公演に参加することが全てではありませんし。
次に何が来るかわからない状態というのは、とてもワクワクします。
いいですよね。こういうの。




最後、戸松さんが、ステッキを振って、電飾を消し、
この遊園地が、幕を閉じるという流れなのですが、
いつもなら、「しゃらららら~ん」という音と共に、
電飾が消えていくのに、今回は、音が鳴りませんでした。
そんなこともあって、戸松さんが「ちゃんと消えた?」みたいな感じで、
電飾を確認する一幕もありました。
まぁ、そういうハプニングもありますよね。ご愛嬌ということで。



■その他

1.会場

まず入場して、最初に思ったのが、想像していたより、小さいなということ。
そこそこの傾斜があって、そこそこ、後ろの方の席でも、
ステージ上は、良く見えそうだなと感じました。

小さいなと思った理由。
それは、この会場で、10月にスフィアのライブあるということ。
「スフィアがライブをやるには、キャパが足りないんじゃないかな?」というのを感じました。
もちろん、小さい会場でやるということは、参加さえできれば、
どこからでも、良く見えそうというメリットもあります。
それも、チケットが確保できればということが大前提。
幸い、自分は、チケットを確保できているので、一安心なのですが。
可能なら、もう少し、大きな会場でライブをしてくれたら嬉しいなと感じました。
これに関しては、いろいろ憶測も飛び交ってる感じだったのですが、
真相はわからないです。


2.観光

今回は、どこを観て周ろうかなと考えました。
ただ、今回、台風が直撃コースという感じで、
当日は、もしかすると、雨が降ってるかもということで、
あまり動き回ることはせず、
「わなか」のたこ焼き、新世界で串揚げを食べに行きました。

「わなか」のたこ焼きは、以前も、食べたことがあったのですが、
今回も食べに行ってみました。
持ち帰りで、買って、食べながら移動。
本場のたこ焼きは、おいしかったです。
出来たて熱々すぎて、口の中をやけどしてしまいました(笑)

そして、所用を済ませ、新世界へ。
お店の看板というか、デザインが、奇抜な物ばかりで、
まさに、新世界という感じ(そういう由来なのかは、わかっていませんが)
少し、ぐるっと見て周って、手ごろなお店に。
老舗っぽい感じのとこも惹かれるのですが、
ちょっと怖いので、通りに面した、キャッチーな感じのお店に入りました。
少しだけお酒をのみつつ、串揚げを。
12本くらい食べたでしょうか。

2度着け禁止ってのは、別に普通に食べてれば、問題ないのに。
意味もなく緊張しました(笑)
揚げたての串は、どれもおいしかったです。


3.客席

今回、なんとなくですが、初めてツアーに参加する方が多かったのかなという印象。
というのも、

決して、悪い訳じゃなくて、むしろ、正しいことだと思います。
地元や足の届く範囲で、ライブがあるから、足を運ぶ、とても自然な流れだと思います。

それに、大阪という土地柄なのでしょうか、
個人的には、それまでの公演よりも、元気があったような気がしました。


3.終演後

そのまま、新幹線で帰る人もいれば、夜行バスで帰る人も、
その日は、ホテルに泊まって、翌日帰る人もいました。
行ける人だけで、軽く打ち上げを。

自分は、23:30出発の夜行バスを取っていたので、
1次会だけ参加して撤収。

聞いてみると、自分の他にも、2人、夜行バスで帰る人が。
しかも、バス停は、同じ梅田近辺。
。。。なのに、違う場所という、よくわからないミラクルにw

結局、同じタイミングで切り上げたメンバーも、解散。

さすがに、疲れていたこともあって、バスの中では、ぐっすり眠れました。


次は、1日あけての東京公演ということで、
この大阪公演での雰囲気が、どのようになっていくのか、
とても楽しみにしながら、過ごしました。


4.会場見学

本公演では、アルバムのキャンペーンの1つである会場見学の1会場目でした。
自分は、もちろん申し込んでいないのですが、集合場所を見ていると、
知り合いの方も、何人かいらっしゃって、すごいなぁと思いました。

高垣さんの時には、自分も会場見学してみたいなと改めて思いました。





スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。