スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」 福岡公演

20150822_01

2015/08/15(土)に、戸松遥さんの3rdライブツアーである
「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」
の福岡公演に参加させていただきました。

※ネタバレが、多分に含まれております。
 ツアー中ですので、ご注意願います。
場所は、福岡国際会議場メインホール。

初めての会場です。
というより、ライブで福岡に行くのは、初めてでした。

ライブ当日、飛行機で、福岡空港へ。
食事とホテルのチェックインを済ませ、会場へ。
知り合いと合流しつつ、開場した後は、早めに中へ。
今回は、キャパの関係か、ライブ後に戸松さんが飛行機で帰るためか、
開場から開演までの時間が短かったです。


今回の席は、このあたり。
20150822_02


今回は、G列、つまり、7列目です。
十分、近いです。

今回も、初めて連番を組む人がいたりして、
とても、楽しみにしながら、ライブに臨みました。

今回のセットリストは、下記の通り。

01. Fan Fun Parade
02. Fantastic Soda!!
03. motto☆派手にね!
04. ラブ ローラーコースター
05. No.1 GIRL
06. ヒカリギフト
07. In Our Hands
08. naissance  ※会場限定曲
09. PACHI PACHI PARTY
10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)
11. 明日色ひまわり
12. Baby Baby Love  ※会場限定曲
13. Girls, Be Ambitious.
14. courage
15. Q&A リサイタル!
16. 恋ヲウチヌケ
EN01. Tomorrow
EN02. STEP A GO! GO!  ※新曲タイトル初公開 & 初披露
EN03. マリラレルラ


今回の公演に特化して、感想などを。


06. ヒカリギフト

知り合いが、前に多くて、その方々が、白を振っていたこともあってなのか、
もともと、同じように考えて、白を振ろうと思っていたのかわかりませんが、
自分のいたブロックで、自分と同じ列の方は、知り合いも、そうでない方も含め、
1列全員が、白を振っていたようでした。

ファイナルの愛知公演では、客席から、白く染まった景色を、戸松さんに届けられたら、
個人的に嬉しいなと思います。
※特に、こうすべきとか、そういう意図をもったものではなく、
 あくまで、客席にいる1人1人が、考えて、自由に楽しむのが1番だと思います。
 そのなかで、同じ考えの方がいてくれたら、嬉しいなということです。




08. naissance  ※会場限定曲

実は、レアな曲であったり、自分が個人的に聴きたいなと思っている曲を
歌ってくれるかなと、密かに期待していました。
でも、「naissance」は、デビューシングルであったり、
ライブ中のコーラスパート内でも、登場していることから、
どこかで歌われるかもしれないなぁ、ということも思っていました。

しっとり系というよりは、少しだけポップさも持ち合わせた感じの曲なので、
聴き入るというよりは、軽く揺れながら、心地よく聴かせてもらいました。
軽くクラップしている方もいたように思います。
ライトも、客席を、少し明るく照らしている感じでした。


10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)

恒例の振り付け曲。
途中のMCで、初めてライブに参加した人という質問を客席に投げていて、
今回の福岡公演は、場所や日程の関係もあってか、これまで足を伸ばせなかった方や、
このお盆の時期だから、遊びに来ることができた方も多かったようで、
初めて参加された方が、結構、多かったようでした。

前回の静岡公演で、アカペラでと言って「にゃ~にゃ~にゃ~♪」と歌いながら、
振りの説明をした部分は、今回も「にゃにゃにゃ」でした。
どうやら、歌詞が跳んで、急遽、「にゃにゃにゃ」にした訳ではなく、
もとから、「にゃにゃにゃ」だったようです。

途中、「もう行ける?もう一回?」という感じで、
少し丁寧に、そして、手厚くレクチャーしていたのが、印象的でした。


12. Baby Baby Love  ※会場限定曲

この曲は、どこかの公演で聴きたいと思っていましたので、
イントロが流れた瞬間、嬉しかったです。
すぐさま、ピンクを2本準備しました。

一緒に、サビの後の「L」のポーズが出来たのが、楽しかったです。

お盆の時期ということもあり、個人的に、この公演の会場限定曲は、
「自己中男」もあるかなと思っていました。
それは、「自己中男」は、1stライブツアーの振り付け曲であり、
覚え方で「お盆~持って、お盆~持って」という部分があるからです。
はい、ダジャレでした。



EN02. STEP A GO! GO!  ※新曲タイトル初公開 & 初披露

以前から、9月末にリリースすることが発表になっていた
新曲のタイトルが、ここで、宇宙初公開となりました。
戸松さん「今夜のココハルより、早いよ」

戸松さんの曲としては、意外ですが、「初の応援ソング」とのことです。

そして、このタイミングで、タイトルを発表したら、
歌わないはずがないですよね。
ということで、タイトルだけでなく、曲自体も、初披露となりました!

応援ソングというだけあって、元気いっぱいの曲でした。

初披露でありながら、振り付けも、ちゃんとついていてスゴいなと思いました。

なかなか聴き取れなかった部分もあったので、早く、CDで聴いてみたいです。
そして、曲の雰囲気や応援ソングということもあって、Music Clipも楽しみです。



この新曲披露の直前の「Tomorrow」の時、歌ってる途中、一ヶ所(自分が気づいたのは)、
出だしの部分で、ちょっと間違って、一瞬早く歌いだしそうになって、
踏みとどまっている箇所がありました。

後々、打ち上げなどで、皆さんと会話してる中で、結論付けたのは、
その後に、新曲の初披露が控えていたので、緊張していたのではないかということでした。
自分も、そうなんだろうなと思います。
単純に、歌の初披露というだけでも緊張するでしょうし、
さらに、振り付けまでついていて、そりゃ、緊張するよな、と思いました。




今回のカチューシャを付けるメンバーは、
ドラムの外園さん(2回目)でした。
外園さんは、帽子をかぶっていたので、帽子の上から、カチューシャを付けていました。
そして、戸松さんが喋っている間に、帽子にテープで、カチューシャを固定したりしていました。

なんと、ここまで、ギター&バンマスの平井さんだけ、
一度も、カチューシャを付けていません。

相当、じゃんけんが強いみたいです。

これは、ファイナルとなる愛知公演では、
平井さんにカチューシャを付けてもらって、それを映像化するという流れですね。



そうして、無事、福岡公演も幕を閉じました。


残すところ、ファイナルとなる愛知公演のみ。
楽しい遊園地が、閉演してしまうのは、残念ですが、
私自身、後悔の無いように、精一杯、楽しみたいと思います。



■観光

今回、翌日も、もう1泊して、観光をしてきました。
これには、いくつか理由があって、
  ・単純に、初めて福岡を観光するチャンスがあったから。
   (福岡は、昔、修学旅行で長崎に行く時に、空港を使うために
    通ったことがあるだけで、観光をしたことはありませんでした。)
  ・お盆のシーズンということで、飛行機が高かったから。
   (月曜であれば、そこまで高くないのと、
    友人が、安いホテルを教えてくれたというのも大きかったです)

・ライブ当日
   まず、福岡に到着してから、天神にあるラーメン屋ShinShinに行き、
   ラーメンをいただきました。
   やはり、博多に行ったら、ラーメンを食べないといけません。
   このお店を選んだのは、以前のスフィアのツアーで、
   福岡公演の際に、スフィアが食べに行って、サインを残していたということを
   聴いていたためです。
   同じものを食べてみたい、サインを見たいということで、選びました。
   実際、ラーメンもおいしかったです。
   しかも、これは、完全に偶然ですが、スフィアのサインが飾ってある
   真下の席で、食べることができました。
   サインも、撮影して問題ないということで、写真を撮らせていただきました。

20150822_03

20150822_04

20150822_05

   ライブ当日は、その後、博多駅の屋上にある「つばめの杜」という広場に行って、
   博多の街並みの景色を眺めたり、翌日以降は、時間が取れなそうだったので、
   先に、お土産(自分用)を買いました。
   今回、買ったのは、「めんべい」「博多の女」「博多通りもん」です。
   あくまで、自分たちが食べる用なので、5個入りとかの小さいサイズのものを
   購入しました。


・ライブ翌日
   まずは、レンタカーを借りて、「志賀島」というところへ。
   ちょっとした神社だったり、海沿いの景色がキレイでした。
   
   その後、博多駅に戻ってきて、「やまや」という明太子と高菜が食べ放題のお店に。
   実際、東京にもあるお店ではあるのですが、やはり、本場というか、
   その土地で食べるのは、おいしいです。

   食事の後は、「大濠公演」という公演へ。
   大きな池のようになっていて、その池の真ん中を縦断するように、橋と小島があり、
   ぐるっと、散歩できるようになっていました。
   食後の運動ということで、真ん中を突っ切って、半周して帰ってくるような感じで、
   散歩してきました。
   
   続いては、「室見川」と「百地浜」。
   特に、観光スポットということでもないのかもしれませんが、
   ここは、他に寄るところが無ければ、寄ってみたいスポットでした。
   というのも、福岡は、歌手の椎名林檎さんの出身の地。
   (厳密には、埼玉、静岡など何カ所かの土地を引っ越したりしているということですが、
    中学・高校時代を福岡で過ごしたということです)
   椎名林檎さんの曲の中で、自分が好きな曲の1曲でもある「正しい街」という曲があり、
   その中に「百地浜も君も室見川もない」というフレーズがあり、
   せっかくならば、その景色が観てみたいと思っていました。
   まぁ、ぶっちゃけて言ってしまえば、何の変哲もない川と砂浜でしたが、
   椎名林檎さんも同じ景色を観たのかなと思うと、ちょっと感慨深かったです。
   
   百地浜の近くには、福岡タワーも目の前にありましたが、
   下から見上げるまでにとどめておきました。
   
   そして、観光スポットとしては、最後になりますが、「二見ヶ浦」へ。
   個々は、サンセットが絶景のポイントになっていて、
   海に浮かぶ、夫婦岩と海に沈む夕日がとてもキレイなのだそうです。
   
   当日は、あいにくの曇り空だったので、夕焼けは観ることができませんでしたが、
   それでも、十分、キレイな景色でした。
   軽く、浜辺に足だけ入れたりして遊んだりしました。
   曇り空でも、空が、茜色に染まるくらいは、待ってみようかと思っていたら、
   雨が降り出したので、その時点で、諦めて、撤収しました。
   
   そこから、土砂降りの大雨に。。。
   戸松さんの公演にしては、珍しく、ライブ当日が、天気良かったのに。
   次の日に、ずれこんでしまいました。。。
   
   博多駅に戻り、レンタカーを返した後は、博多駅内にある、もつ鍋の店「おおやま」へ。
   その頃には、博多駅周辺は、雨が止んでいました。(もともと博多駅周辺は降ってないのかもしれませんが)
   運がいいことに、3組ぐらいが並んでいる程度で、すぐにお店に入れました。
   自分たちが並んだあとに、かなり列が伸びていたので、タイミングが良かったです。
   コースを注文して、もつ鍋と、牛刺身の盛り合わせなど、お腹いっぱいいただきました。
   お酒も、一緒に飲もうと考えていたのですが、日本酒を少し飲むだけにして、
   あとは、料理に集中しました。
   本場のもつ鍋は、美味しかったです。
   おススメという味噌味にしたのですが、ちょっと濃厚すぎて、終盤、きつかったですw
   鍋は、他の料理と一緒に食べる場合は、3・4人で2人前とかが丁度いい気がします。
   もっと若ければ、余裕だったのかもしれませんが、寄る年波には勝てませんねw

   そして、お腹も膨れたところで、お店を出ると、なんと、再び、土砂降りの雨が。。。
   
   幸い、ホテルは、駅から近かったのと、折り畳みの傘も持ち歩いていたので、
   なんとか、ホテルまでたどり着きました。

・ライブ翌々日
   午前中の飛行機で、東京へ帰ってまいりました。
   予定を立てた時点で、当日が休めるかどうかわかっていなかったので、
   最悪、休めなくても、午後から出社で勘弁してもらえるように、
   午前中の内に、東京に戻ってこられる便を確保しておりました。

初めての福岡観光は、予定していた場所を全て周れましたし、とても楽しかったです。



スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。