スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」 愛知公演

2015/08/23(日)に、戸松遥さんの3rdライブツアーである
「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」
の愛知公演に参加させていただきました。

※ネタバレが、多分に含まれております。
 LIVE BDのリリースが決定しておりますので、ご注意願います。
場所は、愛知芸術劇場。

私自身としては、初めて参加する会場でした。

ライブ当日は、朝から、高速バスで、名古屋へ。
これまで、夜行バスは乗ったことがあったのですが、
昼のバスで遠出するのは、初めてでした。
値段がかなり安いので、特に、観光をする予定がない場合は、
今後も、利用してもいいかなと思いました。
特に、今回は、たまたま、隣の席が空席だったので、
広々と使えたのも、大きかったです。

予定では、13:40頃到着する予定になっていて、
自分の予想では、渋滞等もあって、14:30頃になることは覚悟していたのですが、
なんと、13:10頃には、到着してしまいました。
これは、嬉しい誤算でした。

その後、たまたま、同じくらいのタイミングで、名古屋駅に着いた友人と、
会場がある栄駅近くで味噌カツを食べて、会場へ向かいました。

とても、キレイでオシャレな会場でした。
ガチャなどをした後は、近くの喫茶店で、休憩。
その後、会場に戻るという流れでした。

何人か、知り合いと挨拶をしたりしつつ、会場内へ。

今回の席は、このあたり。
20150825_01

今回は、2階の7列目です。
2階といっても、他の会場の2階とはことなり、
中2階というのでしょうか、少し高くなったくらいの高さになっていて、
感覚としては、広い会場の1階の後ろの方という感じでした。
しかも、1階からは、少し段差ができているので、ステージ上が見やすかったです。


今回のセットリストは、下記の通り。

01. Fan Fun Parade
02. Fantastic Soda!!
03. motto☆派手にね!
04. ラブ ローラーコースター
05. No.1 GIRL
06. ヒカリギフト
07. In Our Hands
08. ユメセカイ  ※会場限定曲
09. PACHI PACHI PARTY
10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)
11. 明日色ひまわり
12. Oh My God  ※会場限定曲
13. Girls, Be Ambitious.
14. courage
15. Q&A リサイタル!
16. 恋ヲウチヌケ
EN01. Tomorrow
EN02. STEP A GO! GO!  ※新曲
EN03. マリラレルラ


今回の公演に特化して、感想などを。

ファイナルだからか、戸松さんの地元である愛知だからかわかりませんが、
これまでの公演より、熱く盛り上がっていたように思いました。


06. ヒカリギフト

さすがに、会場全体が、白く光るような感じではありませんでしたが、
それでも、そこそこの人たちが、白を振っているような感じがしました。

なんとなく、戸松さんも、客席を見渡すようなシーンもあったので、
想いは伝わったんじゃないかなと思いました。


08. ユメセカイ  ※会場限定曲

ファイナルでは、何を歌うのかなと考えていました。
候補としては「ユメセカイ」と「STAGE」でした。
戸松さんが「ユメセカイ」を歌い始めた瞬間、
妙に納得している自分がいて、自然と、曲が入ってくるのを感じました。
実際、「ユメセカイ」を聴くのは、かなり久しぶりで、改めて、いい曲だなぁと感じました。


10. アテンション☆プリ~ズ(振り付け曲)

恒例の振り付け曲のコーナーへ。
戸松さんが振り付け曲であることを説明し始めると
客席から「おぉ~!!」と歓声が上がったりしていて、
戸松さんも
「おぉ、なんか反応がいいですね♪いつも、ここは心が折れそうなんですよw」
と嬉しそうでした。

今回の愛知公演のみ参加された方も多かったのでしょうか。
戸松さんの振り付け講座に対し、ちょこちょこと反応が返ってきたりしていて、
盛り上がっていました。


11. 明日色ひまわり

序盤の部分で、一部、歌詞が飛んでしまった箇所がありました。
遠目だったので、ホントにそうだったのかわかりませんが、
戸松さんが「しまったぁ」という感じで、くるっと一回転したりしているのが印象的でした。


12. Oh My God  ※会場限定曲

まぁ、正直なところ、この曲が来るとは思っておりました。
だって、途中のコーラスのみの部分の時に、この曲が入ってるんですもの。
もちろん、だからといって必ず歌うとは限らないのですけどね。
もう1曲としては、「Harukarisk*Land」に収録されている中で
唯一セットリストから漏れている「Get you!!」も可能性があるなと思っていましたが、
やはり、コーラスに含まれているというのが強かったですね。

文句なしで、盛り上がれる曲です。


EN02. STEP A GO! GO!  ※新曲

前回の福岡公演で初披露された新曲です。
前回は、初めてだったので、どんな曲かを感じている部分があったのですが、
2回目ということで、ところどころの振り付けを真似たり、
手拍子する部分や、掛け声をかける部分などにも、意識を向けることができるようになってきました。
歌詞の部分は、相変わらず、聞き取れていないので、ラジオだったり、
リリースされてから歌詞カードを見るのを楽しみにしたいと思います。



新曲披露の後、恒例のメンバーによる、カチューシャの装着ですが。
そのタイミングになり、誰が着けるのかなと思っていると、
なんと、平井さんが!
「おぉ!ついに、ファイナルでじゃんけんに負けたか!」と思っていたら、
その次の瞬間、全員、カチューシャを装着。
これには、戸松さんも、「???」という感じでした。
平井さん曰く「サプライズ」でした。

確かに、ビックリしましたね。

そして、コーラスの菊ちゃんこと、菊間さんのカチューシャが壊れてしまって、交換する事件もw


ラストのマリラレルラを歌い、メンバーが退場し、
最後に、戸松さんが、開演を告げるときに振りかざしたステッキを使って、
電飾を落とし、愛知公演が終了となりました。

それと同時に、約2ヶ月、7公演というなかなかにハードなスケジュールだった
戸松遥さんの3rdライブツアー
「 LAWSON presents 戸松遥 3rd Live Tour 2015 Welcome!Harukarisk*Land!!!」
が、無事、幕を閉じました。

最後、戸松さんが退場した後、戸松さんの声で、閉演のアナウンスが流れ、それを聴いたときは、
「あぁ、ホントに、終わってしまったんだなぁ」と、少し寂しくなりましたが、
それ以上に、「楽しかった」という感情で、心が満たされていました。

戸松さんが、ライブ中におっしゃっていたように、終わってしまうことを残念に思うのではなく、
また、次に会えるのを楽しみにしていきたいと思います。
戸松さんも、それに向けて、また改めて、頑張ってくださるとのことでした。


■ダブルアンコールについて

これまでのスフィア・ソロを含めたツアーでは、ファイナル公演で、ダブルアンコールがあることが、
半ば、恒例のようになっていましたので、客席も、それを期待する方が多かったようで、
「もう1回」コールが、起こっていましたが、今回は、ダブルアンコールもなく、本当に幕。

個人的には、これが正解だったと思っています。
だって、今回のツアーは、遊園地をコンセプトにして、考えられたツアーです。
一度、閉演した遊園地を、もう1回、再開させるというのは、どうにもしっくりきません。

とはいえ、自分も、ダブルアンコールがあるかもしれないという気持ちも持っていました。
ただ、その時に、何を理由にして、遊園地を再開させるのかという部分が、しっくりこないのです。
例えば、「皆の声に応えて、特別にちょっとだけ」とか、「魔法の力で」とか、
どうにも、自分の中で、答えが見つかりませんでした。
こじつければ、いくらでも、できそうではありますが、それをしなかった。
それこそが、答えだったと思います。

「Harukarisk*Land」園長の戸松さんの閉演アナウンスによって、遊園地の幕が閉じる。
こんなにキレイな終わり方はないと思います。


■今回のツアーを通して

今回のツアーは、ありがたいことに、全公演に参加させていただくことができました。
「楽しかった」ということを強く強く感じるツアーでした。
自分は、これまで、戸松さんのソロライブは、2ndライブツアーのファイナル公演である東京公演にしか、
参加したことがありませんでした。
声優としての戸松さん、スフィアとしての戸松さん、ラジオのパーソナリティとしての戸松さんは、
ある程度、知っている部分もありましたが、正直なところ、戸松さんのソロとしての部分には、詳しくなかったと思います。
それでも、今回のツアーで、前の方で参加させていただく機会もあったりして、近くで観ることができたり、
戸松さんファンの友人と、打ち上げなどで話を聞いたりして、戸松さんってこんな人なんだという部分が、
少しだけ、わかったような気がしました。
全通すること自体に意味があるとは思いませんが、
自分に関して言えば、たくさん参加すれば、その分だけ、いろいろな部分を見る余裕が生まれるし、
いろいろな人と連番できて、いろんな楽しみ方ができると思いました。

一番、強く感じたのは、戸松さんは、いつも、客席の皆のことを気にしているということでした。
実際に、近くで戸松さんを見させてもらった時に、戸松さんが、キョロキョロしてるなと思ってしまうくらい、
客席のいろんなところを見てるんですよね。
それは、おそらく、客席にいる皆が、楽しんでくれているかを、1人1人確認してるんだと感じました。
自分自身が感じたのは、戸松さんのステージは、
戸松さんと客席を含めた全員が楽しめることを目指したステージであるということ。
それを、友人から聞いたりするだけでなく、自分自身で感じられただけで、
今回のツアーに参加した意味があったと思います。

そして、今回、ツアーでいろいろな場所に行くことができ、
初めて訪れる土地で、観光したり、その土地の美味しい料理を食べることができたことも、楽しかったです。

さらに、今回のツアーで、戸松さんファンの方々と、たくさん知り合いになることができました。
友達の友達という感じで、打ち上げをご一緒させてもらったり、ライブ会場の周りで話している時に、
一緒にお話しさせてもらって、顔を知って、次の会場でも、という感じで、輪が拡がって行くのが、とても嬉しかったです。
こんな素敵なご縁をくださった、戸松さんに感謝です。


スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。