スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たまゆら~卒業写真~ 第2部 響-ひびき-」

20150908_02

2015/09/01(火)、「たまゆら~卒業写真~ 第2部 響-ひびき-」を観てきました。

※公開中の作品のため、
 ネタバレにご注意願います。
基本的には、ほのぼのとした雰囲気の作品で、
今回も、もちろん、微笑ましいシーンが多いのですが、
印象的だったのは、それぞれが、自分の進路に目を向け、
新たな道へと旅立つ準備を、少しずつ、でも、確実に進めている感じがしました。
今後の展開を想像して、この時点で、ちょっと、ぐっと来てしまいました。

お菓子作りが趣味の「のりえ」が、久々に帰省した兄の言葉で、
夢であったパティシエへの道を諦めると言いだし、
周りの皆が、それを何とか、思いとどまらせようとしたりして、
最後には、皆から、温かい言葉を掛けられて、後ろを向きながら、
涙を流す「のりえ」が、良かったです。

衝撃的だったのは、「ちも」さんの結婚ですね。
そんな展開になるんじゃないかと思ってはいたものの、
かなり、さらっと入ってきたんで、「ん?えっ!?」というように
4人と一緒の感じで、驚いてました。

そして、その流れから、披露宴のアイディアを出してほしいとお願いされて、
自分のこと、そっちのけで、頼まれごとを引き受ける「かおる」は、
自分の進みたい道を見つけられずにいましたが、
偶然、見かけた、結婚式での、ウェディングプランナーさんを見て、
自分は、誰かの幸せをお手伝いする仕事をしたいのかもしれないと思いだし、
ひとまず、方向性が定まってきているようで、一安心です。

「かおる」のお姉ちゃんも、普段、破天荒な感じでありながら、
しっかりと、妹のことを見守ってるあたり、さすがだなと思いました。


前回の第1部は、良くも悪くも「たまゆら」らしく、
ほのぼのとした雰囲気が前面に出ていた印象でしたが、
今回は、「終わり」への「始まり」というか、
動き出す感じがにじみ出ていて、切なさを感じました。

次回の第3部は、どのような展開になっていくのか、とても楽しみです。
流れとしては、どうしても、卒業が近づき、別れという事実が、
現実味を帯び始めるなかでの、皆の揺れる気持ちなんかが描かれるのかなと
想像しています。

今回、来場者特典として、キャラクターの描かれた色紙がもらえました。
自分は、「のりえ」でした。

20150908_03

上映している期間が、そんなに長くないので、早めに観に行けてよかったです。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。