スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LAWSON presents sphere music story 2015"DREAMS,Count down!!!!"」全4公演

「LAWSON presents sphere music story 2015"DREAMS,Count down!!!!"」の
全4公演に参加させていただきました。
  大阪  :2015/10/17(土) / オリックス劇場
  東京1  :2015/10/18(日) / NHKホール
  愛知  :2015/10/25(日) / 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
  東京2  :2015/11/08(日) / NHKホール

※本公演は、映像化することがきまっております。
 ネタバレが気になる方は、ご注意ください。
各公演での座席は、こんな感じでした。

大阪
20151118_01


東京1
20151118_02


愛知
20151118_03


東京2
20151118_04


大阪公演は、実は、2階席のはずだったのですが、
友人が余らせているチケットをやりくりしてくれて、
あのような、素晴らしい席に入れてくださいました。
「2階席だし、今回の内容がどんな感じなのか、
 まったりと、観させてもらおう」
なんて、考えていたのに、感謝しかありません。

そして、なんといっても、愛知公演。
こちらは、友人が、支援で当選してくださったチケットで、
高垣さんの誕生日当日に、4列目なんて、最高の席を当ててくださいました。
普通に考えれば、当ててくれた友人が、そのチケットを使い、
自分たちには、余った席を割り当ててくれるというのが、妥当だと考えています。
それでも、自分が、特に高垣さんを応援しているからと、
快く譲ってくださり、とても、感謝しています。

全体的に、2回も前の方で参加させてもらい、最高でした。

今回、パンフレットがありませんでした。
毎公演パンフレットは欲しいと思っているので、残念でした。


今回のセットリストは、下記のような感じ。
先に言ってしまうと、今回は、ソロと、最後から2曲目の会場限定曲以外は、
固定のセットリストでした。
そんなわけで、1つの記事にまとめて、書かせていただきます。

01.Super Noisy Nova
02.Feathering me, Y/N?
03.豊崎愛生ソロ
   大阪  : Uh-LaLa
   東京1 : ほおずき
   愛知  : ほおずき
   東京2 : Uh-LaLa
04.Jolly Dolly's Music!!!
05.Dream sign
06.高垣彩陽ソロ
   大阪  : Rebirth-day
   東京1 : Rebirth-day
   愛知  : Walking On Sunshine
   東京2 : Walking On Sunshine
07.Now loading...SKY!!
08.君の空が晴れるまで
09.Sticking Places
10.寿美菜子ソロ
   大阪  : Candy Color Pop
   東京1 : ウレイボシ
   愛知  : ウレイボシ
   東京2 : Candy Color Pop
11.イマジネーションは終わらない
12.NEVER ENDING PARTY!!!!
13.戸松遥ソロ
   大阪  : STEP A GO! GO!
   東京1 : STEP A GO! GO!
   愛知  : 恋ヲウチヌケ
   東京2 : 恋ヲウチヌケ
14.CHANCE!
15.vivid brilliant door!
16.DREAMS, Count down!
EN01.Ding! Dong! Ding! Dong!
EN02.クライマックスホイッスル
EN03.会場限定曲
   大阪  : GO AHEAD!!
   東京1 : MOON SIGNAL
   愛知  : Future Stream
   東京2 : A.T.O.M.O.S.P.H.E.R.E
EN04.LET・ME・DO!!
WEN01.DREAMS, Count down! ※東京2のみ


今回、通常のライブではなく「music story」となっていて、
お芝居がメインの内容になっていました。

出版社のOLに扮する4人が集められて、
新たな雑誌の企画を考えるという出だしからスタート。
テーマは「夢」。

ある程度、物語を進めて、2・3曲歌って、
また、物語を勧めるという流れのステージでした。
曲に入る前に、スポットライトを浴びて、
これから歌う曲のフレーズを口にしてから、
曲に突入するという感じになっていました。

個人的には、「Jolly Dolly's Music!!!」が入っていたのは、ちょっと嬉しかったです。
個人的な選曲のポイントとしては、
超定番曲である「GO AHEAD!!」「MOON SIGNAL」あたりが、会場限定曲になり、
「GENESIS ARIA」「キミが太陽」「Non stop road」「Planet Freedom」あたりが
セットリストに入らなかったのも、評価が高いです。
もちろん、大好きで、聴きたい曲なのですが、その曲ばかり歌うのも、マンネリ化してしまいますからね。
せっかく、曲数がたくさんあるのですから、いろいろな曲を歌っていただけると嬉しいです。
そして、新しいシングルの曲である「vivid brilliant door!」「イマジネーションは終わらない」
「DREAMS, Count down!」「CHANCE!」あたりを聴けたのも嬉しかったですね。
というか、聴ければ、どの曲がきても、嬉しいのです。

ホントに、個人的な意見なのですが「vivid brilliant door!」の振りとか、ノリについて、
個人的には、Music Clipを生かしてほしかったと感じています。
具体的に言うと、下記のような辺りです。
  ・「このまま太陽にキスしちゃうよ」で、4人が投げキッスするようなポーズ
  ・「ねえ反撃のチャンス」で、高垣さんが、グーパンチするとこ
  ・「始動bang!bang!」で、豊崎さんが、指のピストルで、バンバンするとこ
  ・「まだまだfeverは続きますよ」で、寿さんが、フィーバーポーズするとこ
  ・「ペロって舌を出しちゃう アーメン反則は(please!)」で、お願いポーズするとこ

「しかめっ面とか ふくれっ面には」の部分は、そのような振り付けになってるんですよね。
他のとこも、めちゃくちゃ可愛いので、残しておいてもらえたら、嬉しかったです。


お芝居について、物語の中には、それぞれの子供の頃の夢を語る場面があり、
高垣さんなんかは、「セーラーレイン(注:オマージュ)」になりたかったとか
「アニメとかに声をあてる人」になれば、魔法も使えるとか、
高垣さん自身の内容も盛り込まれていたのが、テンションあがりました。

ソロの準備で、1人が抜けて、3人になった場面で、
無茶振りのコーナーがそれぞれありました。
  ・急に振られて、ダジャレを言う。
  ・七不思議の七つ目(偽)の「ぴっぴっぴ」のマネをする。
  ・1人が即興で動き、もう1人がアドリブで声をあてる。

どれも、公演ごとに、ランダムなのか?別々の人が振られていたり、
じゃんけんで決めたりしていました。

その他にも、戸松さんのポーズを、即興でマネするとことか、
アドリブっぽい感じの部分があったりして、全体的に面白かったです。


今回の東名阪ツアーの中で、自分の中のポイントは、やはり、愛知公演です。
なんといっても、高垣さんの誕生日当日。

高垣さんのソロ曲も、前日のバースデーイブミニコンサートで、
Music Clipが、宇宙初公開されたばかりの「Walking On Sunshine」。
当然、生歌で聴くのは初めてですので、とても嬉しかったです。

限定曲が「Future Stream」だったのも、ポイントが高かったです。

そして、最期の挨拶。
ここまで、何事もなかったかのように進行してきて、
もしかすると、このまま、誕生日のことに触れずに終わってしまうのかな?
なんて、ちょっとだけ思い始めた、高垣さんが挨拶する順番になった瞬間、
ハッピーバースデーが。

前日のバースデーイブミニコンサートでも、お祝いしたし、
今回の愛知公演が、高垣さんの誕生日当日であることを、
ラジオなどで、メンバーがさんざん言っていたので、
皆からの祝福を受けて、笑顔のまま、感謝の言葉を述べて、終わるのかなと思っていました。
ですが、ハッピーバースデーが流れた瞬間、
今にも、泣き出してしまいそうな、涙を我慢するような表情になって、
やはり、嬉しいものは嬉しいし、素直だなぁと思いました。
そういった部分も、高垣さんの魅力の1つだと思います。


あと1点、高垣さんのセリフで、高垣さんが出演されていた舞台「元カレ」に
影響を受けていると感じられる部分がありましたので、メモしておきます。
それは、高垣さんが、自身の夢の話をする際に、昔、「セーラーレイン(オマージュ)」ごっこをするときは、
弟に悪役をやらせていたと語るシーンです。
高垣さんの「弟に悪役をおしつけ」の部分が、
瀬尾さんの演じられた久米アキオのあるシーンでの口調とソックリで、ビックリしました。
聞いた瞬間は、「あ!これは!」って思うのですが、場面が進んでいくうちに、
他のことが楽しくなってしまって、覚えてられませんでした。
最後の東京公演で、やっと、覚えたまま、ライブを終了することができて、メモに残すことができました。
あまりにも強烈な役だったので、印象的だったのですが、
その辺りは、意識して、あの口調になっているのでしょうか?
それとも、自然と、あの口調なのでしょうか?
意識的でも無意識でも、経験した舞台などから影響を受け、
それを吸収して、進化して行っているのだなと、感じました。


今回のツアーでは、1回目の東京公演での限定Tシャツが、ピンクだったので、購入したかったのですが、
あいにく、別のイベント(小野友樹さん)があり、物販に並ぶことができませんでした。
ありがたいことに、代理で購入して下さるというフォロワーさんがいてくれて、
無事、ゲットすることができました。とても、感謝しています。
ありがとうございました。


また、今回のツアーの模様は、写真集になるということです。
写真集になるということで、BDパッケージ化は、無いかなと思っていました。
それは、他のライブでも、いつも、お芝居パートは、収録されないからです。
ですが、ファイナル公演で、会場に入った瞬間、カメラがたくさん配置されていて、
BDパッケージ化されることが判明。
もちろん、アンコール後の挨拶時に、情報としても、解禁されました。
お芝居の部分が映像化されるのは、久しぶりなので、嬉しい限りです。


さて、未来に目を向けると、次回のスフィアライブも発表になっています。
今回のツアー中に発表になった3月の代々木第一体育館での2daysライブは、
ファイナル公演での追加発表で、スフィアフェスであることが判明しました。
なんと、6時間強の公演。しかも、2days。これは、スゴイです。
フェスというだけあって、スフィアだけでなく、それぞれのソロのステージもあります。
さすがに、二つにステージをわけるようなことはしないと思いますが、
万が一にも、それだけは、勘弁していただきたいですね。
全部のステージがみたいです。
ソロが各1時間で、スフィアが2時間という感じでしょうか。
タイムテーブルも公開されるらしいので、銘打っているように
前人未到、唯一無二のイベントになりそうです。
とても、楽しみです。

完全に余談ですが、「スフィアフェス」というタイトルが発表された時、
「フェス」という単語を聴いて、以前、高垣さんが出演されていた「KAKOCHI-YA」で、
半海さんが言っていた「ふぇすっ」というのが、フラッシュバックするように思い出されました。
後から、友人に聞いたところ、その友人も同じように「ふぇすっ」「ふぇすっ」って言っていて、
彩陽さんファンとして、思うところは同じだなと、ちょっと、笑ってしまいました。



ここからは、ちょっと、ライブとは話が離れますが、
今回、大阪、名古屋では、少しだけ、観光もしました。

大阪では、前から食べたいものリストに入っていた「肉吸い」をいただきました。
「肉吸い」と、卵かけごはんの「小玉」をいただきましたが、
ボリュームもありつつ、さっぱりとしていて、とてもおいしかったです。
自分は、少し早めに行って並んでいたのですが、開店の頃には、
そこそこの行列が出来ていました。さすが、人気店です。

名古屋では、なんといっても、ひつまぶし。
「ひつまぶし」というのは、一般的な鰻の料理だと思っていたのですが、
実は「あつた蓬莱軒」さんの登録商標なのだそうです。
ということで、今回は、「あつた蓬莱軒」さんで「ひつまぶし」をいただきました。
何店舗かあるのですが、せっかくならと本店をチョイス。
夜行バスで名古屋に向かい、朝、名古屋駅近くに到着した後、
モーニングをいただき、熱田神宮へ向かい、そのまま、本店に向かいました。
到着した時は、まだ、早い時間だったので、だれもいなかったのですが、
すぐに、人が来始めたので、並んで待ちました。
開店は11:00なのですが、10:30頃から、受付を開始して、何時ごろに来ればいいかを
教えてくれるのです。もちろん、前に詰める必要はなく、希望の時間が空いていれば、
自由に選べるようでした。
自分たちは、一番早い時間で受付をして、ちょっとだけ時間を潰して、入店。
お目当ての「ひつまぶし」は、他のところで食べたものより、ちょっと香ばしい感じがしました。
他のところだと、ふわっと仕上がった優しい感じのイメージなのですが、
こちらは、ふわっとしているのは当然ながら、ちょっと焦げ目のついた、かりっとした感じもして、
新鮮な感じがしました。(こちらが、本来ということなのかもしれません)
1杯目はシンプルに。2杯目は薬味と。3杯目は出汁で。4杯目は自由に。
という、オーソドックスな「ひつまぶし」の食べ方に沿っていただきましたが、
あっという間に食べきってしまうほど、美味しかったです。
その後は、名古屋城をぐるっと観て周り、会場へ向かいました。

大阪、名古屋は、どうしても、複数回行っているので、だんだん、行く場所がなくなってきてしまうのですが、
それは、自分が、詳しくないだけだと思うので、今後も、いろいろなところを観て周りたいです。


また、今回のツアー中に、何人かのフォロワーさんと新たに挨拶させていただきました。
フォロワーさんと会い始めたころには、積極的に、約束をしてご挨拶させてもらっていたのですが、
少ししてから、あまりに一度に知り合いを増やしすぎると顔を覚えることができないので、
ちょっと、控えておりました。
それに、ここ最近は、仲良くなったフォロワーさんの、さらに友達という繋がりで、
知り合いが増えるケースが多かったです。
それも、落ち着いてきたので、Twitter上で、ある程度、やり取りさせていただいている方と、
ご挨拶させていただきました。
今後も、無理のないペースで、お友達を増やしていけたらいいなと思っております。


スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。