スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ALIAKE~其の参~」

2015/11/06(金)に、ALIAKEのライブ「ALIAKE~其の参~」に
参加させていただきました。

場所は、MOTION BLUE YOKOHAMA。

ALIAKEとは、昨年にあったSOUND THEATRE「eclipse」で、
演奏チームを務めたメンバーで結成されたユニットで、
公式サイトの紹介文をみると
『小湊昭尚(尺八・オークラウロ・篠笛)、土屋雄作(ヴァイオリン)、
 齋藤純一(ギター)、美鵬直三朗(太鼓・鳴り物)の4人で結成された
 邦楽系フュージョンバンド』
という特殊な楽器編成のユニットです。

今回は、その3回目のライブ。
自分は参加できませんでしたが、先日に行われた公開録音で
録音されたアルバム「Rapid Promotion」のリリース記念のライブという位置付けでした。

この日は、平日ということで、仕事を定時で切り上げて、会場へ、移動。

会場となった「MOTION BLUE YOKOHAMA」は、赤レンガ倉庫の一角を使った
バーのようなスペースというのでしょうか。
初めて、訪れたので、建物の近くに着いてから、道に迷いかけました(笑)

今回、友人にお誘いいただいて参加できたのですが、
聞いていたのは
「先に言って、席を確保しておくから、代表者の名前を告げて入るように」
ということ。
普通、ライブというと、チケットがあって、入り口で、チケットを渡して、
入場するもののはず。
正直、中に入るまで、どういう仕組みのライブなのか、全然わかってませんでした。

中に入ってみると、なんとなく感じがつかめました。
レストランというか、バーというか、
自分の中にあるイメージは、ジャズバーというのでしょうか、そういうのが一番近いイメージ。
テーブルやカウンターがあって、ホールの中央の壁際に、ステージがあって、楽器が並んでいる。

こういうタイプのライブというのは、初めてで、とてもよい経験をさせていただきました。

先に入っていた友人が、かなり良い席を確保してくれていました。
しかも、飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりしながら、音楽を楽しめるのです。
当然、夕飯もまだだったので、腹ごしらえをしつつ、お酒もいただきつつ、
とても近くで、素敵な音楽を聴くことができました。

今回は、アルバムの録音にも参加された、三味線奏者の柴田雅人さんも
ライブ中で数曲、登場して、演奏に加わってくれました。
三味線というと、「ハッ」とか「ヨッ」とか掛け声を掛けながら、気合を入れて
演奏するイメージだったのですが、柴田さんは、ニコニコ笑顔で、
とても楽しそうに演奏されていて、ちょっと三味線に対するイメージが変わりました。
もちろん、三味線の音は、迫力があって、体に響いてくる感じがしました。

ライブの後は、この日、リリースとなったアルバム「Rapid Promotion」を購入すると、
メンバーのサインをいただける、サイン会がありました。
公開録音に参加された方は、事前に入手できていたそうなのですが、
自分は、まだ入手できていなかったので、
このサイン会がなくても、アルバムを購入することは決定済みでした。
そんな自分としては、願ったり叶ったりの嬉しい出来事。
さっそく、アルバムを購入させていただき、サイン会の列に並びました。

4人から、それぞれ、CDのジャケットにサインを頂き、
土屋さんと握手させてもらって、ひとことふたこと会話をさせていただきました。


これまで、ALIAKEのライブなどは、平日が多くて、なかなか参加できなかったのですが、
今回、なんとか参加することができて、とても嬉しかったです。
これからも、調整できるようであれば、参加していきたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。