スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SOUND THEATRE × 夏目友人帳 ~集い 音劇の章・再び~」夜の部

2015/12/05(土)に、「SOUND THEATRE × 夏目友人帳 ~集い 音劇の章・再び~」の
夜の部に参加させていただきました。

場所は、舞浜アンフィシアター。

今回の席なのですが。。。
なんと、最前列!

チケットを見た瞬間、凍り付きました。
無欲の勝利というのか、運を使ってしまったというのか。。。

会場に着くと、予想通りというか、客席の9割以上が、女性でした。
それでも、一番上の席まで、しっかり埋まっていたので、
夏目友人帳という作品が、どれだけ人気があるかということが、伺われます。
もちろん、キャスト陣が、豪華であるということも理由になっていると思いますが(笑)

ストーリーとしては、原作にある物語が1本。
SOUND THEATREの脚本家の藤沢文翁さんのオリジナルが1本。

オリジナルの物語の方も、紛れもなく夏目友人帳だったので、
藤沢さんのスゴさや、藤澤さんが、細かく注意しながら創られたのだろうなと感じました。


音楽人としては、SOUND THEATREではお馴染みの土屋さんではありませんでした。
(実は、以前、ALIAKEのライブに行ったとき、CDのサイン会で、ちょっとお話した時に
 「今度の『夏目友人帳』のSOUND THEATREも観に行かせていただきます」と伝えたところ、
 「僕も観に行きます。出演はしないんですよ。」と言われてしまい、
 事前に、HPで、演奏陣の出演者を確認していなかったことを、少し悔やみました。
 SOUND THEATRE = 土屋さんという構図が出来上がっていて、
 脚本が藤沢さんで、音楽プロデューサーが土屋さんであることを疑いもしていませんでした。
 だから、きっと、客席のどこかにいらっしゃったのだと思います。
 恐らく、来賓の席にいたのでしょうが、あえて、探しはしませんでした。)

今回、音楽チームをまとめ上げた方は、夏目友人帳に携わっている方でしたので、
もう、素晴らしいまでに、夏目友人帳の音楽でした。
あの和の雰囲気は、とても心地よかったです。

SOUND THEATREだと、音楽も、とても素敵で、いつも、セリフを聴くか、
音楽を聴くか、意識が迷ってしまっている時があるのですが、
今回は、いい意味で、BGMに徹している感じがして、セリフに集中できたと思います。

もし、土屋さんが音楽プロデュースをしていたら、アレンジなどで、
夏目友人帳の世界とは、ちょっと違った音楽になってしまったかもしれません(笑)


演出に関しては、以前の、Valkyrieでも使用されたドットイメージも使用されていました。
ホタルの光や、火と水、花火など、とても、キレイでした。

また、火事になるシーンでは、これまた、アンフィシアターではお馴染み(?)の
炎の演出もありました。まさか、夏目友人帳で、炎をだしてくると思ってなかったので、
めちゃくちゃビックリしました。

音楽人の後ろには、菖蒲のような緑の草が、たくさん生やしてあって、
一部のシーンでは、横風を吹かせて、草がざわめくような演出もありました。
(風で、演奏陣の楽譜が落ちてしまったりして、大変そうでしたが。。。)


第1幕と第2幕の間の休憩が終わり、第2幕が始まる前には、
一つ目の妖、牛の妖であるお二方が、ステージ上に登場し、軽いトークを。
また、その際、クリスマスが近いということで、プレゼントを持って、
通路を歩きながら、小物のプレゼントを配って歩いていました。
残念ながら、自分は、もらえませんでした。

今回のSOUND THEATREは、いつものSOUND THEATREというよりは、
夏目友人帳の朗読イベントという雰囲気を、強く感じました。

SOUND THETREでは、恒例の千穐楽公演後の生演奏もありませんでした。

正直、キャストさんを間近で観ることができるというメリットはありますが、
近すぎて、他のキャストさんが見えなかったり、席の位置によっては、
演奏陣を、同時に視界にとらえることができないので、演奏陣を観るために、
顔の向きを動かさないといけないという贅沢過ぎる悩みがありました。
実際、ちょっと横側だったので、メインの神谷さん、井上さんのどちらかは、
他のキャストさんとかぶってしまって、見えない状態でした。

個人的には、アンフィシアターで、SOUND THEATREを観るときの、
最も、良い席は、どセンターではなくの5~10列目くらいがベストなのではないでしょうか。
それだと、全体も見えますし、キャストさんも、そこそこ近いですしね。
もちろん、お目当てのキャストさんがいるときは、その人が近くの席がいいのでしょうけど(笑)

SOUND THEATREにはまり、予定が合えば、1公演だけでも参加させていただいてきましたが、
こういった、作品とのコラボに関しては、その作品に思い入れがあるかどうかで、
参加の有無を決めてもよさそうです。
今回、夏目友人帳は、ずっとアニメで観てきて、好きな作品だったので、楽しめました。
それに、Valkyrieでは、突然の降板となってしまった井上さんを、アンフィシアターの舞台で
観ることができたのも、嬉しかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。