スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演 番外編 観光

豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演に参加するため、
人生初の名古屋を訪れました。
そして、前回の大阪同様、公演前に、観光をしてきました。

前日の土曜の夜に、深夜バスで名古屋へ移動。

前回の大阪行のバスの時より、若干、グレードが下がるバスでしたが、
まぁ、寝てるだけなので、特に気になることはありませんでした。

予定通り、朝一で、名古屋に到着。
ちょっと到着が早いので、バスの待合フロアみたいな場所で、
スマホの充電がてら、時間をつぶして、行動開始。

事前に、twitterのフォロワーさんから名古屋は寒いと聞いていましたが、予想以上に寒かった。
自分なりに警戒した格好で向かったのですが、甘かったw
到着した時、少しだけ雨降ってたし。


まずは、腹ごしらえということで、やはり、名古屋といったらモーニング。
死ぬほど食べたいと思っていたわけではありませんが、
うわさに聞く、名古屋のモーニングを体験してみたいと思い、
事前にピックアップしていたお店に向かいましたが、食べ放題ではないとのこと。
意味もなく悔しかったので、別のお店にしようと思って、
駅のあたりをふらふらしていると、なにやら、近づいてくる人影が・・・
なんと、当日、一緒に公演に参加する友人でした。
事前の話では、ぎりぎりの頃に来るみたいな話だったので、
観光は1人で行こうと思ってたのですが。
これは嬉しい誤算。

ということで、まずは、朝食ということで、近くの喫茶店に入って、軽く腹ごしらえ。

友人は、特に何も考えていなかったようなので、自分が予定していたコースを一緒に周ることに。

まず向かったのは、熱田神宮。

そこまで、詳しくはないのですが、有名な場所ですので、
名古屋に来たら、ここは寄っておきたいと思っていました。

20131228_01

熱田神宮と言えば、「草薙神剣(くさなぎのつるぎ)・天叢雲(あめのむらくも)」や
「天照大神(あまてらすおおみかみ)」「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」「日本武尊(やまとたけるのみこと)」など、
詳しくはなくとも、ゲーム好き、神話好きな自分には、なんとも中二心をそそられる神社です。

展示スペースを見たり、案内図を見ることで、熱田神宮に関する歴史を学べました。
緑に囲まれた中を歩くのは、とても気持ちがいい。リフレッシュできました。
そして、お守りを授与してもらいました。(買う・購入という言葉は使わないのですね。1つ賢くなりました。)

アクセス方法や、ざっくりとした内容しか調べずに行ってしまったので、
なんとなく、ぐるっと見て周る程度になってしまったのが、若干、もったいなかった。
もっと事前の知識を得ておくべきでしたね。
この経験は、次回以降に生かそう。


ある程度、ゆっくりと見て周ったこともあり、昼飯時になったので、一旦、名古屋駅に戻りました。


昼食は「ひつまぶし」を食べたいと思い、名古屋駅付近でお店をピックアップしていました。
お目当てのお店は「まるや」さん。
しかし、いざ、行ってみると、大行列。
これは、3時間くらいは待たされるのではないだろうかということで、
別のお店をあたってみましたが、どのお店も、行列ができていて、
とてもじゃないが並ぶのは時間がもったいない。
ということで、観光が終わってから、公演の前までに立ち寄ろうと思っていた
「コメダ珈琲」さんに行き、「ひつまぶし」は時間をずらすことに。

「コメダ珈琲」さんと言えば「シロノワール」。
以前から、スフィアの間でも、話題になっていて、いつかは食べたいと思っていた一品。
実は、東京にも「コメダ珈琲」さんはあるのですが、せっかくなら、本場で食べたいと思って
一度も立ち寄ったことがありませんでした。
さすがに、本店まで足を延ばすことはできませんでしたが、
人生初の「シロノワール」を食べることができました。
当初、1人の予定だったので、お腹と相談して「ミニ」にしようか迷っていたのですが、
心強い助っ人もいることで、通常の「シロノワール」を注文。

20131228_02

熱々のパン上にアイスクリームが乗っているという、熱々冷え冷えのバランスが素晴らしくとてもおいしかった。
甘いものは好きなので、結構いけると思ってましたが、想像より大きかった。
それでも、昼飯代わりのタイミングだったので、友人と二人で分け合って、ぺろりと完食。


軽く腹ごしらえも済み、次なる観光スポット、名古屋城へ。
やはり、初めて名古屋に来たら、ここには行かないと。

20131228_03

前回の大阪城と同様に、内側は展示スペースになっていて、いろいろな資料が展示されていました。
刀なんかも置いてあって、わくわくしました。


予定していた観光スポットを周ったところで、
お待ちかねの「ひつまぶし」を求めてさすらうことに。
移動途中の駅にある「ひつまぶし」のお店を検索して向かいました。

向かった先は、栄駅。
15時近いというのに、1件目に向かったお店は、またもや大行列が。
列整理をしている店員さんに聞くと1時間待ちとか。
これは待てません。

ということで、次のお店にトライ。

向かった先は「しら河」さん
お、なんか、待ってる人の数が少ない。
チャンスということで、店頭にある順番待ちのリストに名前を書いてしばらく、
友人と話をしながら、呼ばれるのを待ちます。
あとから、気づいたのですが、お昼の営業が一旦終わってしまう直前だったようで、
ギリギリセーフでした。

20131228_04

食べ方は、お決まりの下記の流れ。
  1.そのまま
  2.薬味を添えて
  3.お茶づけにして

ウマい!
そのままたべてもおいしい!
わさびのピリッとしたアクセントがついてもおいしい!
だしをかけてのお茶漬けもおいしい!

食べてるうちは、いくらでも食べたいと思えるほど、どんどん食べられてしまいます。
もうちょっと食べたいと思いましたが、食べ終わったあとに考えると、
ちょうどいいくらいの量でした。
きっと、そこらへんも考えられての量なのでしょうね。
いやぁ、大満足です。
数少ない食事を「ひつまぶし」にあてて、大正解でした。

それにしても、「ひつまぶし」って、結構なお値段するのに、こんなに繁盛してるんですね。
自分と同じく、観光客なのか、地元の方なのかわかりませんが、すごいことだと思いました。


すっかり、腹ごしらえも済んで、公演会場である。
センチュリーホールへ向かうのでありました。
到着したのは、開場する直前頃というジャストなタイミング。
まったく偶然ですが、結果として、時間を無駄にせず、行動できてよかったです。


公演後は、時間があれば、軽く名産的なもの(手羽先とか味噌カツとか?)を食べようかという話をしていましたが、
自分が、お腹を壊してしまったことや、1時間くらいしか余裕がなかったこともあって、
自分用のお土産に「なごやん」とミニサイズの「ういろう」を買って、新幹線で帰路に着きました。

今のご時世、名古屋でなくても食べられるものなので、東京で食べればいいというのもあるのですが、
小倉トースト、手羽先、味噌カツ、あんかけパスタなど、名古屋の食べ物を堪能したかった。
(今回の日程だと、まともな食事は、1食か2食が限界なので、もともと無理なんですけどね。)
次に名古屋を訪れるのもいつになるかわかりませんので、今度、東京で食べに行こうと思います。

前回の大阪もそうでしたが、出不精の自分が、遠征してコンサートを見に行ったり、
自分で計画して深夜バスやホテルを予約して、観光するなんて、以前の自分では考えられませんでした。

でも、いざ、やってみると、意外とハードルは高くないなというのが正直なところ、
お金と時間の問題はありますが、こういう、ライブ遠征のついでに観光というのは、いいですね。

これからも、ライブで遠征することがあれば、観光してみたいと思います。
ライブの予定がなくても、行ってみたい場所は、いくつかあるので、
タイミングを見つけて、旅行できたらなぁと考えています。

今回の大阪・名古屋の遠征・観光によって、自分の世界が大きく広がったように感じました。
このような機会をくれた豊崎さんと、全てのrelationに感謝。

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。