スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「true tears×花咲くいろは×tari tari ジョイントフェスティバル」Live BD

2014/02/26にリリースされた
「true tears×花咲くいろは×tari tari ジョイントフェスティバル」の
Live BDを購入してきました。

20140305_03

P.A.Worksさんの3作品の音楽に触れるライブイベントという感じでしょうか。
実際に開催された際には、現地の舞浜アンフィシアターだけでなく、
各地でパブリックビューイングが行われました。
自分は、参加していなかったので、映像化されてくれてうれしかった。
実際は、もっと前にリリース予定だったのですが、延期になっていて、
満を持してのリリースとなりました。

スフィアとしては「Hazy」が「花咲くいろは」のEDのタイアップ曲となっています。
寿さんは、メインどころでないですが、「花咲くいろは」「tari tari」に。
高垣さんは、「true tears」「tari tari」に。
戸松さんは、「花咲くいろは」に。
豊崎さんは、「花咲くいろは」に。
といった感じで、声優としても、各作品に出演。
※高垣さんは、P.A.Works作品だと「恋旅」にも出演されていますね。

ここでは、やはり、高垣さんでしょう。
「true tears」の舞台である南砺市の観光大使に出演者、スタッフとともに任命され、
ご自身のフォトブックのロケ地にも富山を選び、サイン会なども、城端で行うなど、
深い愛着を持たれています。

個人的にちょっと面白いのは寿さん。
「花咲くいろは」「tari tari」に「美術部員」の「水野さん」という役で登場。
自分は、寿さんも好きなので、よく覚えています。
「tari tari」で寿さんが登場した時は「おっ、この役って『花咲くいろは』でも出てなかったっけ?」
なんて、にんまりしたものです。
実際には、関連はなくて、スタッフの遊び心だと思うのですが、こういう遊び心は大好きです。
実際の設定として、世界観がつながっていなかったり、関連はなくても、
ネタとして、隅っこに別の作品のキャラが登場したりって、おもしろいと思います。
やり過ぎると世界を壊すので、ほどほどにしないとまずいですけどね。

ステージとして、スフィアは「Hazy」の1曲のみですが、
高垣さんは、途中の司会を任されたり、
「true tears」「tari tari」のステージで出演したりと大活躍でしたね。

その他に「eufonius」「結城アイラ」「nano.RIPE」「AiRI」「クラムボン」など
様々なアーティストの方々が登場。
特に「nano.RIPE」は「パトリシア」などの曲が好きなので、披露してくれてて嬉しかった。

「tari tari」では、島崎信長さんが、別の予定(バドミントンの試合w)で出演できなかったけど、
いろいろな奇跡が重なり、最後の最後に間に合って、1曲追加で披露となりました。
イベント後に配信されたラジオでは、間に合うか間に合わないかというところで、
皆さんが、少しずつ引き伸ばして、時間を稼いでいたとのことでした。
そこで、活躍したのは「クラムボン」のミトさん、自身のアニメ好きというネタで、
熱く語ってくれました。
何も知らないで、その場にいたら、MCが長いなと思っても不思議ではないくらいの熱い思いでしたが、
これも、ミトさんのファインプレーといったところでしょうか。

かなりのボリュームのある内容でしたが、中だるみのような感じはなくて、
また各作品を見返したくなるような、素晴らしいイベントでした。

作品が終わっても、作品を愛し続けるファン、スタッフがいて、
こういったイベントが開催されるというのは、作品としても幸せなことだと思います。

実は、付属していたCDの方は、まだ、時間が作れず、聴けていないので、
後から、楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。