スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台「他人の目」/「自分の耳」

2014/03/15に、寿美菜子さんの初舞台である「他人の目」を観劇させていただきました。
また、2014/03/16には、「他人の目」と対になって行われている「自分の耳」も
観劇させていただきました。

まずは、寿さん、初舞台の出演、おめでとうございます。

※このブログを書かせていただいている時点では、
 まだ、公演中の舞台であるため、ネタバレは避け、
 簡単な内容にとどめておきます。


場所は、下北沢 小劇場B1。
今回、新たにできた開場で、そのこけら落とし公演の1つになっています。

私は、「他人の目」の内容について、予習をせずに、観劇させていただいたのですが、
コミカルな部分では大いに笑わせていただき、
シリアスなシーンでは、息をのんで見守るといった感じで、
とても、楽しませていただきました。

また、出演者が3人だけの舞台でしたが、実際は、2人での掛け合いを行うシーンが多く、
1人1人にスポットが当たって、密度の濃い舞台だということを感じました。

会場自体が、あまり大きくない、というより小さい会場だったということもあり、
後ろの方であっても、十分によく見えると思います。
私は、幸運にも、「他人の目」は2列目で、そして、「自分の耳」は最前列で
観劇することができました。
迫力ある演技を、間近で観させていただくことができて、
とても良い刺激をいただきました。

2014/03/23の東京公演の千秋楽の「他人の目」も観劇させていただく予定ですので、
その後に行われる大阪公演まで終わった後に、改めて、感想を書かせていただこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。