スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル「サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~」

2014/03/30に、戸松遥さんが出演するミュージカル「サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~」
を観劇させていただきました。

場所は、青山円形劇場。

このミュージカルは再演で、前回も戸松さんが出演されていましたが、
私は、前回、観に行っていなくて、今回が初「サ・ビ・タ」となりました。

当日は雨。しかも、風がとても強くて、たどり着くまでに傘が壊れそうでした。
実際、周りで歩いてる人で、傘が壊れてしまっている人もたくさんいました。

前日はとても暖かい1日だったのに。
さすが、雨女の戸松さんです。
余談ですが、同じ日に寿さんが大阪で舞台の千穐楽をむかえていました。
スフィアの雨女2人が同時に舞台に立つというだけで、
これだけ、あからさまに天気が崩れるとは。
雨女恐るべしですw

[出演]
  兄ドンウク  : 駒田一
  ユ・ミリ   : 戸松遥
  弟ドンヒョン : 佐々木喜英

青山円形劇場で観劇するのは初めてだったのですが、
円形劇場というだけあって、円形の舞台をぐるっと囲むように客席があり、
どこから観るかによって、楽しみ方も変わってくるようで、一度だけでなく、
いろんな角度から、何度も観たくなるような劇場でした。
しかも、舞台がかなり小さく、客席が近い。

内容については、再演でもありますし、割愛させていただきますが、
参加型のミュージカルという言葉に偽りなし。

最初っから、客席に対して話しかけたり、
最前列の方が、髪の毛をワシャワシャされたり、
ツボを持たされて、中から出てきた戸松さんの写真をみて、やり取りがあったり
しかも、戸松さんがスフィア、声優であることをネタにした内容が挟まれたりして、
とても楽しかったです。
何回も参加されている方から聞いたところ、その他にも、アドリブが挟まれている部分が
たくさんあったそうです。
キャストから観客へ、アクションを取った時に、思いがけず、客席側から反撃が返ってきて、
キャスト同士でも驚いていたりしていて、そこも、この「サ・ビ・タ」の醍醐味なのかなと思いました。

最後に、謝らないといけない方々がいますということで、
髪をワシャワシャされた方や、途中でいろいろ被害(?)を受けた方に
小物系のプレゼントが渡されていました。
そして、その後、スペシャルカーテンコールという
客席の方から事前に応募があった内容を紹介したりするコーナーがありました。
私の参加した回では、娘さんからお母様へ、高校生の時にクラスで孤立した際、
支えてくれて、ありがとうという感謝の気持ちを伝えたいというこで、
お手紙の朗読がありました。

その後も、いろいろと、キャストの方が感想や感謝を述べたりと
キャストと舞台が一緒になって楽しむような舞台になっているようでした。

カーテンコールでは、拍手を続けていると、何回か出てきてくれました。

最後のカーテンコールで、「この雨は、戸松さんのせいですw」と、
雨女っぷりをネタにされていました。

今回の舞台で、初めて戸松さんの演劇を観させていただいたのですが、
戸松さんのパワフルさには、改めて、驚かされました。
あの容姿からは想像できないほどの弾けっぷりとテンションに、
大いに笑わせていただきました。

笑いどころがとても多いミュージカルでしたが、途中からシリアスな展開もあり、
でも最後は、笑顔で終わるといった素晴らしい内容でした。


今回、スケジュールが合わず、1回しか観劇できませんが、
できれば、2回、3回と観劇したかったなと思いました。
観る角度や、毎回のアドリブなどで、何度見ても楽しめる内容になっていると思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。