スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊崎愛生「ディライト」リリースイベント トーク&ミニライブ 第二部

2014/03/29に開催された豊崎愛生さんの10thシングル「ディライト」のリリースイベントである
トーク&ミニライブの第二部に参加させていただきました。

場所は、恒例の「SME乃木坂ビル」。

当選通知の際に発行される番号順に入場し、
座席はその番号で決まっている場所に着席になります。

自分は[139]番。
1回で200名なので、かなり後ろの方ですね。
でも、この人数、広さなので、特に問題はないです。

今回のイベントで楽しみにしていたのは、
カップリングの「おさんぽの唄」です。

この曲は、合間に、豊崎さんのアドリブの一言が入っていて、
豊崎さん自身も、「歌う機会があれば、その時の気分で変える」
とおっしゃっていたので、今回のリリースイベントでは、
どんな一言を聴かせてくれるのかが、とても楽しみでした。

イベントの内容を覚えている限りで。

■呼び込み

まずは、前説からの、豊崎さんの呼び込み。
なんと呼ぶかを募ったところ、「あきせんせい」が多かったですね。

ということで、「あきせんせ~い!!」と呼び込み豊崎さん登場。

白というかベージュ色の生地に、所々青の四角とかがあしらわれたワンピースでした。
服の説明をするのは、自分には難しいです。きっと、ブログが上がると思うので、
そちらを期待したいと思います。


■音楽について

音楽についてということで、Instrumentalでは、豊崎さん自身が歌っているコーラス部分が収録されていて、
たむらぱんさんのすごいところで、サビでのコーラスは、毎回、別のメロディのコーラスになっているとのことでした。

すみません!
Instrumentalは聴いていませんでした。
さっそく、帰宅して聴いてみると、確かに、コーラスが入ってる。
これからは、Instrumentalもちゃんと聴かないとと思いました。


■ジャケットについて

普段やりたいことを、豊崎さん自身ができるかどうかは置いておいて、
人に伝えたりするようにしているとのことで、
その中の1つとして、モノクロなジャケットというものがあったということでした。

しかし、前回のアルバムでは、カラフルだったので、
急にモノクロにするのはどうだろうということで悩んだらしいです。

モノクロにした分、豊崎愛生史上満面の笑みと、赤のアクセントによって、
暗くならないように工夫したということでした。


■MusciClipについて & MusicClipメイキング披露

今回のイベントでは、豊崎さんの解説付きで、ディライトのMusicClipのメイキング映像が披露されました。
スフィアのリリースイベントでは、MusicClipを流して、それを観ながらトークするということが
あったということを聴いたことがあるのですが、メイキングとなると、なかなかないと思います。
しかも、シングルのDVDにも収録されていませんし、ここでしか見ることができないのでしょう。
こういった映像があるのなら、アルバムの時だけでなく、シングルの時も収録していただけると
とても嬉しいですねぇ。

ラジオなどでもおっしゃっていたように、小湊鉄道に協力してもらっての撮影。
1両貸し切ってということになっていましたね。
車両には、「団体貸切」のプレートがついていました。

撮影は、冬の時期ということで、雪も残っていました。
メイキング映像が始まり、電車の中で撮影が始まると、外には、雪が映っています。

豊崎さん「はいっ!ここは、つかえませーん。雪が映ってしまってまーす♪」

MusicClipでも映っているネコは、駅舎に居ついているネコということで、
特に逃げる様子もなく、人に慣れているようでしたね。
豊崎さんが抱っこしたら、嫌がられてしまい、攻防戦が繰り広げられていましたw

春先のMusciClipを外ロケで撮影するのは、本人が寒いということ以外にも
いろいろと大変そうでした。

建物の前で豊崎さんが歌っているシーン。あれもロケでした。
てっきり、あれはスタジオのセットなのかと思っていたので、ちょっとビックリ。

撮影当日は晴れていて、自然の光を取り入れたMusicClipがキレイに仕上がっていて、
豊崎さんも満足のようでした。


■おさんぽの唄

今回のイベントで楽しみにしていたのは、「おさんぽの唄」のアドリブ部分でした。
以前、豊崎さんが、この部分は、毎回、その時の思いついたことに変わるということを
おっしゃっていたので、今回は、なんて言ってくれるのかなぁとワクワクしていました。

歌い始める前に、スタッフさんがイスとかマイクスタンドなどを運んできました。
イスに座って、スタンドにマイクセットして、テーブルに鍵盤ハーモニカ置いて、音楽スタート。

私が参加した回では、「お昼食べ過ぎた」と「苦しかった」でした。

後者は、何もなく「苦しかった」と言ったわけではなく、
直前の鍵盤ハーモニカの演奏から間髪いれずに歌に続いたので、
息切れしてしまい、アドリブ部分の手前のところから、息が続かなくなってしまって、
それで「あ~、苦しかった」となりました。

いろいろ1人でやるには、忙しそうでした。
でも、楽しそうに終始ニコニコしてくれてて、癒されました。


■甥っ子トーク

そして、最後に、巻きの指示がでてるにも関わらず、
「巻きの指示がでてるけど、これだけ話させて」ということで、
甥っ子の話題に突入。

親バカならぬ、叔母バカで、略して「叔母カ」だと言っていましたw

最近、よく豊崎さんのお姉さんと甥っ子さんが遊びに来てくれるらしい。
それで、甥っ子さんに「おさんぽの唄」をふりふり踊りながら歌ったら、笑ってくれたとのこと。

他に、甥っ子さんを英才教育するため、豊崎さんの曲を聴かせたり、
アニメを見せたりしているとのこと。
「しまじろう」は見せようと思っているが、他のアニメは何を見せるか迷っているらしい。
そして、豊崎さんが持っている自身が出演したアニメの完パケのDVDとかを貸すのだが、
「魔乳秘剣帖」「To LOVEる -とらぶる-」「聖痕のクエイサー」とかは、さすがにマズイだろうということで、
DVDを収納している棚の整理をしているらしいですw

豊崎さん「おねぇちゃん、それは、持っていかないで~w」

豊崎さん「棚にあるのは、自由に持って行っていいよ♪
     あ、こっから先は「クエイサー」だからダメ~w」


■ディライト

イベントの最後は、ディライトを披露。
ツアーの時は、ツアーに来てくれた皆に。武道館の時は、武道館用に。
そして、今回は、このイベントに来てくれた皆用に歌います。
といったことをおっしゃっていました。
常に、同じ感覚で歌っているということではなく、その場に合わせた想いをこめて歌ってくれているのは、
聴いてる方としても、ただ、豊崎さんの生歌が聴けるということ以上に嬉しいものがありました。


■「いいキャラ思いついた」披露

そして、最後に、CDの「おさんぽの唄」で歌っていた「あ、いいキャラ思いついた…」のキャラを披露。

すこし険しい顔をしたライオンのキャラクターで、名前は「せちがライオン」(ドーン

『消費税が8%に上がる』とか、世知辛いこと言っていて、
なんか、芸人のヒロシさんみたいな芸風でしたw



■その他

曲をもらうときは、曲を作った方の仮歌の入ったモノをもらうそうで、
今回のディライトでいうと、たむらぱんさんの声で歌われたディライトが豊崎さんの手元にはあるわけです。
大人の事情とかを抜きにして、いつか、公開できたら嬉しい、皆に聴いてもらいたいということを言っていました。

最初に、仮歌を聴くと、いつも「このまま出せばいいじゃん!」ってなるらしいですw
そりゃ、大好きなアーティストさんの歌を聴いたら、そうなっちゃいますよね。

最近、ウィスキーを飲みながら、たむらぱんさんのディライトを聴いたりしているらしいです。
ウィスキーは飲めなかったが、大人の女を目指して、かなり水で薄めたウィスキーを飲んでいるとかw

その他にも、「Music」のテイク0というバージョンがあって、
「まずは、自由にやってみましょう」という感じで、自由に演奏したバージョンになっていて、
それが、かなりの暴れっぷりらしいですw

コトリンゴさんのとどまるところを知らないピアノとか、最後が「ジャン!!」って終わるとか
いつか、そういった、豊崎さんの曲を作った方々のセルフカバーした曲集がでたらいいなぁ。
たしか、奥華子さんなんかは、「君にありがとう」をセルフカバーしていましね。
そういったものをかき集めるのも楽しいかもしれません。


その他、トークの合間などで、豊崎さんが何度も感謝の言葉を述べていたのがとても印象的でした。

またご縁がありましたら、
リリースイベントに参加できると嬉しいです。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

不如帰チケット当選!!

豊崎愛生さんが出演する舞台「不如帰」のチケット当落がでましたね。

自分は、例によって土日しか参加できないので、
4/20(土)、21(日)の昼・夜の4公演にエントリーしていました。

相当な倍率になることを想定して、参加できる回には、
全てエントリーさせていただきました。

そして、結果は。
4/20(土) 昼 : 落選
4/20(土) 夜 : 当選
4/21(日) 昼 : 当選
4/21(日) 夜 : 当選


おっしゃー((o(^∇^)o))

「2回は観たい」そして「できたら、千穐楽を観たい」という目的を見事に達成!

どのような席が当たるかまでは、まだわかりませんが、
例え、最後列であっても、観られるだけで幸せです。

公演の日を、楽しみに待ちたいと思います。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

豊崎さん 2nd concert tour 2013「letter with Love」お疲れ様でした!!

2014/01/05に、豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」の
パシフィコ横浜での公演が行われ、追加公演を含む全日程が完了となりました。

公演と公演の間で、時間があくことがあり、期間の長いツアーとなりましたが、
無事、全公演を終了され、豊崎さん、お疲れ様でした。

自分は、東京在住なのに、東京、神奈川公演は、A&Gオールスター、日笠陽子さんの初ライブに重なったため、
初遠征を兼ねての大阪(昼)、名古屋の2公演に参加させていただきました。
2公演に参加させていただいたこともあり、追加公演は、自分の意志で、不参加を決めました。

パシフィコ横浜での公演は、ダブルアンコールや、徳島公演で発表になった新曲「ディライト」の初披露など、
ツアーのラストを締めくくるのにふさわしい、素晴らしい内容だったようで、
Twitterでフォローさせていただいている方々のつぶやきを見ると、一様に、幸せそうなつぶやきが並んでいました。

自分にとって大きいと思ったのは、ダブルアンコールがあったということです。
これまで、ソロツアーでは、寿さん、戸松さん、高垣さんと、ダブルアンコールは行われませんでした。
しかし、今回の豊崎さんの追加公演では、ダブルアンコールがあった。
ここにきて、ダブルアンコールがあった理由はわかりませんが、これは、ファンにとっては喜ばしいことだと思います。

今後のライブでは、ファイナルだけでなく、ダブルアンコールまでは、恒例化してくれると嬉しいなと思います。
もちろん、舞台に立つ側の方々にとっては、大変なことだと思いますが、
やはり、少しで長く、少しでも多く、ライブが続いてくれると、嬉しいです。

次回のライブというと、スフィアの武道館ライブになりますが、
今回の事が無くても、少なくとも2日目は、ダブルアンコールがあるのかなと思っていました。

なので、本当の意味でのダブルアンコールの扱いがわかるのは、次に行われるソロのツアーですかね。
楽しみに待ちたいと思います。

何はともあれ、豊崎さん、コンサートツアー完走、おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。
この後も、立て続けに、イベント・ライブがあり、休んでいる暇はないかと思いますが、
お体に気を付けて頑張っていただきたいです。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演 番外編 観光

豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演に参加するため、
人生初の名古屋を訪れました。
そして、前回の大阪同様、公演前に、観光をしてきました。

前日の土曜の夜に、深夜バスで名古屋へ移動。

前回の大阪行のバスの時より、若干、グレードが下がるバスでしたが、
まぁ、寝てるだけなので、特に気になることはありませんでした。

予定通り、朝一で、名古屋に到着。
ちょっと到着が早いので、バスの待合フロアみたいな場所で、
スマホの充電がてら、時間をつぶして、行動開始。

事前に、twitterのフォロワーさんから名古屋は寒いと聞いていましたが、予想以上に寒かった。
自分なりに警戒した格好で向かったのですが、甘かったw
到着した時、少しだけ雨降ってたし。


まずは、腹ごしらえということで、やはり、名古屋といったらモーニング。
死ぬほど食べたいと思っていたわけではありませんが、
うわさに聞く、名古屋のモーニングを体験してみたいと思い、
事前にピックアップしていたお店に向かいましたが、食べ放題ではないとのこと。
意味もなく悔しかったので、別のお店にしようと思って、
駅のあたりをふらふらしていると、なにやら、近づいてくる人影が・・・
なんと、当日、一緒に公演に参加する友人でした。
事前の話では、ぎりぎりの頃に来るみたいな話だったので、
観光は1人で行こうと思ってたのですが。
これは嬉しい誤算。

ということで、まずは、朝食ということで、近くの喫茶店に入って、軽く腹ごしらえ。

友人は、特に何も考えていなかったようなので、自分が予定していたコースを一緒に周ることに。

まず向かったのは、熱田神宮。

そこまで、詳しくはないのですが、有名な場所ですので、
名古屋に来たら、ここは寄っておきたいと思っていました。

20131228_01

熱田神宮と言えば、「草薙神剣(くさなぎのつるぎ)・天叢雲(あめのむらくも)」や
「天照大神(あまてらすおおみかみ)」「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」「日本武尊(やまとたけるのみこと)」など、
詳しくはなくとも、ゲーム好き、神話好きな自分には、なんとも中二心をそそられる神社です。

展示スペースを見たり、案内図を見ることで、熱田神宮に関する歴史を学べました。
緑に囲まれた中を歩くのは、とても気持ちがいい。リフレッシュできました。
そして、お守りを授与してもらいました。(買う・購入という言葉は使わないのですね。1つ賢くなりました。)

アクセス方法や、ざっくりとした内容しか調べずに行ってしまったので、
なんとなく、ぐるっと見て周る程度になってしまったのが、若干、もったいなかった。
もっと事前の知識を得ておくべきでしたね。
この経験は、次回以降に生かそう。


ある程度、ゆっくりと見て周ったこともあり、昼飯時になったので、一旦、名古屋駅に戻りました。


昼食は「ひつまぶし」を食べたいと思い、名古屋駅付近でお店をピックアップしていました。
お目当てのお店は「まるや」さん。
しかし、いざ、行ってみると、大行列。
これは、3時間くらいは待たされるのではないだろうかということで、
別のお店をあたってみましたが、どのお店も、行列ができていて、
とてもじゃないが並ぶのは時間がもったいない。
ということで、観光が終わってから、公演の前までに立ち寄ろうと思っていた
「コメダ珈琲」さんに行き、「ひつまぶし」は時間をずらすことに。

「コメダ珈琲」さんと言えば「シロノワール」。
以前から、スフィアの間でも、話題になっていて、いつかは食べたいと思っていた一品。
実は、東京にも「コメダ珈琲」さんはあるのですが、せっかくなら、本場で食べたいと思って
一度も立ち寄ったことがありませんでした。
さすがに、本店まで足を延ばすことはできませんでしたが、
人生初の「シロノワール」を食べることができました。
当初、1人の予定だったので、お腹と相談して「ミニ」にしようか迷っていたのですが、
心強い助っ人もいることで、通常の「シロノワール」を注文。

20131228_02

熱々のパン上にアイスクリームが乗っているという、熱々冷え冷えのバランスが素晴らしくとてもおいしかった。
甘いものは好きなので、結構いけると思ってましたが、想像より大きかった。
それでも、昼飯代わりのタイミングだったので、友人と二人で分け合って、ぺろりと完食。


軽く腹ごしらえも済み、次なる観光スポット、名古屋城へ。
やはり、初めて名古屋に来たら、ここには行かないと。

20131228_03

前回の大阪城と同様に、内側は展示スペースになっていて、いろいろな資料が展示されていました。
刀なんかも置いてあって、わくわくしました。


予定していた観光スポットを周ったところで、
お待ちかねの「ひつまぶし」を求めてさすらうことに。
移動途中の駅にある「ひつまぶし」のお店を検索して向かいました。

向かった先は、栄駅。
15時近いというのに、1件目に向かったお店は、またもや大行列が。
列整理をしている店員さんに聞くと1時間待ちとか。
これは待てません。

ということで、次のお店にトライ。

向かった先は「しら河」さん
お、なんか、待ってる人の数が少ない。
チャンスということで、店頭にある順番待ちのリストに名前を書いてしばらく、
友人と話をしながら、呼ばれるのを待ちます。
あとから、気づいたのですが、お昼の営業が一旦終わってしまう直前だったようで、
ギリギリセーフでした。

20131228_04

食べ方は、お決まりの下記の流れ。
  1.そのまま
  2.薬味を添えて
  3.お茶づけにして

ウマい!
そのままたべてもおいしい!
わさびのピリッとしたアクセントがついてもおいしい!
だしをかけてのお茶漬けもおいしい!

食べてるうちは、いくらでも食べたいと思えるほど、どんどん食べられてしまいます。
もうちょっと食べたいと思いましたが、食べ終わったあとに考えると、
ちょうどいいくらいの量でした。
きっと、そこらへんも考えられての量なのでしょうね。
いやぁ、大満足です。
数少ない食事を「ひつまぶし」にあてて、大正解でした。

それにしても、「ひつまぶし」って、結構なお値段するのに、こんなに繁盛してるんですね。
自分と同じく、観光客なのか、地元の方なのかわかりませんが、すごいことだと思いました。


すっかり、腹ごしらえも済んで、公演会場である。
センチュリーホールへ向かうのでありました。
到着したのは、開場する直前頃というジャストなタイミング。
まったく偶然ですが、結果として、時間を無駄にせず、行動できてよかったです。


公演後は、時間があれば、軽く名産的なもの(手羽先とか味噌カツとか?)を食べようかという話をしていましたが、
自分が、お腹を壊してしまったことや、1時間くらいしか余裕がなかったこともあって、
自分用のお土産に「なごやん」とミニサイズの「ういろう」を買って、新幹線で帰路に着きました。

今のご時世、名古屋でなくても食べられるものなので、東京で食べればいいというのもあるのですが、
小倉トースト、手羽先、味噌カツ、あんかけパスタなど、名古屋の食べ物を堪能したかった。
(今回の日程だと、まともな食事は、1食か2食が限界なので、もともと無理なんですけどね。)
次に名古屋を訪れるのもいつになるかわかりませんので、今度、東京で食べに行こうと思います。

前回の大阪もそうでしたが、出不精の自分が、遠征してコンサートを見に行ったり、
自分で計画して深夜バスやホテルを予約して、観光するなんて、以前の自分では考えられませんでした。

でも、いざ、やってみると、意外とハードルは高くないなというのが正直なところ、
お金と時間の問題はありますが、こういう、ライブ遠征のついでに観光というのは、いいですね。

これからも、ライブで遠征することがあれば、観光してみたいと思います。
ライブの予定がなくても、行ってみたい場所は、いくつかあるので、
タイミングを見つけて、旅行できたらなぁと考えています。

今回の大阪・名古屋の遠征・観光によって、自分の世界が大きく広がったように感じました。
このような機会をくれた豊崎さんと、全てのrelationに感謝。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演

遅ればせながら、2013/12/15(日)に開催された
豊崎愛生 2nd concert tour 2013「letter with Love」名古屋公演に参加してきました。

20131223_01

20131223_02

場所は、名古屋国際会議場センチュリーホール。
自分は初めてでしたが、おなじみの場所といっていいと思います。

土曜の夜に、深夜バスで名古屋へ。
名古屋を訪れるのは、今回が初めてでした。

当日は、早朝に名古屋へ到着し、夕方まで観光していました。


開場ぎりぎりに到着して、そのまま会場入り。
ガチャを2回ほどやって、そのまま開演を待ちます。

20131223_03

自分の席は、真ん中の右端のあたりでした。
ステージ側が通路になっている席だったので、よく見えました。

今回のセットリストは、下記の通り。

01.CHEEKY
02.See You Tomorrow
03.さすらいの迷える仔猫
04.LiLi A LiLi
05.シロツメクサ
06.ソラソラ☆あおぞら
07.Dill
08.パタパ
09.フリップ フロップ
10.リンゴのせい
11.music
12.春風 SHUN PU
13.オリオンとスパンコール

EN1. true blue
EN2. love your life
EN3. letter writer

自分が参加したのも2回目ということで、
特に印象に残った部分などを中心に。


途中のMCでは、豊崎さんのブログにも書いてあったように、
前日入りして、夕飯を食べたという話に。
豊崎さんは「ひつまぶし」を食べ、その後「コメダ珈琲」さんにも行ったとのこと。

これにはビックリ。
偶然にも、自分も「ひつまぶし」を食べ、「コメダ珈琲」にも行ったのでした。
自分は「コメダ珈琲」で「シロノワール」を初体験しました。
さすがに、豊崎さんは、食後のコーヒーという感じだったみたいですが。


1カ月ぶりの公演ということもあり、MCでのテンションは普段より高かったようでした。
また、今回の公演では、曲によって、歌う前とかに、立つように促したり、
曲が終わったあと「お座りください」みたいに言っていたのが印象的でした。
こうして促してもらうと、立つのか座るのかという迷いも解消されてうれしいです。


会場限定曲は「ソラソラ☆あおぞら」と「Dill」

「ソラソラ☆あおぞら」は、前回の1stツアーの時に聞いた以来ですかね。
「Dill」は、豊崎さんも「今回最大の難所」と言っていましたが、リズムとか難しいですよね。
聴いている限り、きっちり歌いきっているような印象でした。
何度かライブで聴かせていただいたことがありますが、
ペンライト振ったりするのは、タイミングが難しいなぁと思います。
なので、自分は、適当というか曲に合わせてフリフリしてました。
クラムボンさんの曲は、リズムが独特で難しいですねぇ。


「リンゴのせい」などは、皆、立ち上がる方に統一されているようで、
ペンライトも赤が中心で、緑もあるので、リンゴの木のような感じでキレイでした。


そして、「music」のクラップ、「春風 SHUN PU」の合唱、
「オリオンとスパンコール」のコールと盛り上がり、
アンコールラストの「letter writer」のラララ。

「letter writer」では、周りを気にせず「せーの、1・2・3!」はコールさせていただきました。
「ラララ」の部分では、豊崎さんが感動のためか感極まっているようでした。


全体的に、前回に参加した公演より、盛り上がっていた気がします。
これは、参加者のおかげなのか、自分が2回目という慣れのためなのかは
わかりませんが、楽しめたのでよかったです。

自分が参加する「letter with Love」は、今回がラスト。
ファイナルの徳島、追加公演の横浜は、遠い空の下で応援しております。

テーマ : 声優 - ジャンル : アニメ・コミック

セフスパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。